ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『夏の幻想 35』


向日葵が枯れていた
ぎっしりと実が詰まった顔は
くたびれきったように
下を向いていた
この暑さで干上がってしまったかのように
夏の陽射しの下
うなだれていた
小さな鳥がやって来ては
うなだれた顔を
つついていた
二つ三つ種をつまみ
ポケットの中に入れて
家へ持ち帰る
ぎっしりと詰まった夏が
ポケットの中
揺れていた
by fibich | 2004-08-24 10:12 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31