ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『小壜』

短いメッセージを英語で書いて
小さな小壜で
この海に流そう
もしかしたら戻って来ちゃうかも知れないけど
見知らぬ誰かに届くよう祈りを込めて
小さな小壜を
この海に流そう
もしかしたら英語を知らない人に届くかも知れないけど
小さなメッセージを
大きな海に流そう
波の向こうのもっと向こうの
キラキラと輝いているその先の
見たこともない場所にいつか届くと信じて
小さな小壜で
メッセージを流そう
このメッセージが誰かに届く頃
僕はもういないかも知れないけど
小壜の中の夢がどんどんと膨らむことを想像して
そっと波の上に
想いを託そう
by fibich | 2004-08-22 22:24 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31