ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『夏の幻想 32』


自転車をこいで海岸まで出ると
波が高くなっていることに気づく
先月の今頃来たときには
服を着たまゝ泳げたのに

海月が近づいて
泳ぐのは危険になった
海は表情を変えていた
ちょっと見ない間に
夏が形を変えていた

海沿いの道路を
そのまゝ鎌倉まで走り
路地裏の駄菓子屋で
アイスキャンディーを食べて
家まで戻った
泳げなかった悔しさよりも
夏が姿を変えた寂しさに
胸が詰まりそうになっていた
by fibich | 2004-08-21 10:49 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31