ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『夏の幻想 29』


鳳仙花の実をつまんでは
友達とぶつけ合っていた
水まきをした後の庭の隅
無数の鳳仙花が
実を結んでいた
暑い夏の陽射しのことなど忘れ
夢中になって
鳳仙花の実を摘んでは
投げ合っていた
弾け出た種は
来年の夏の約束
陽射しが強いことなどすっかり忘れ
みんな夢中になって遊んでいた
水まきをした後の庭で
来年への約束が
結ばれようとしていた
by fibich | 2004-08-18 20:46 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31