ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『夏の幻想 15』


扇風機だけが
冷房だった頃
風を最強にして
顔を近づけて
あ~

聞こえてくるのは
自分の声のはずなのに
おもしろおかしくて
いつまでも妹と一緒に
あ~

全開にした窓に
涼しげなすだれの影
蝉の声ばかりが聞こえてくる
じっとしているのが勿体ないのに
暑くて外に出るのが億劫だった

エアコンなんて
まだ珍しかった時代
扇風機越しの声は
夏の空にしみいる
幻だった
by fibich | 2004-08-04 11:11 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31