ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

多賀城で夕食(仙台)

a0004070_11005609.jpg
【2016年5月3日(水)】

 午後4時過ぎに笠間を出発するとそのまま友部ICから北関東道に乗り、その先の友部JCTで普通なら東京方面へ行くところをいわき方面へと道を選びそのまま常磐自動車道を北上。

 常磐道を使うのは以前にコキアを見にひたち海浜公園へ行った以来で、そのまま越境するとなると本当に20年近くも昔の話になる。その頃の自分はどこへ行くにも高速道路を使わなかったのでいわき方面に常磐道で行くとなると初めてではないがいつが最後だったか思い出せない。

 先の震災で常磐道はずっと一部不通の状態が続いていたが最近になってようやく全線開通して仙台方面へのルートが二つになった。今回はこの常磐道の再生した区間を通って仙台へと向かう。

 二車線の道路はいわきを通過していわき四倉あたりから一車線になる。常々一車線高速道路の意味を考えるのだがこの常磐道に限って言えば一車線でも通れるようになって本当に良かったと思っている。(他の場所は早く二車線にしてほしい。特に四国)

 ここから先にまずはPAがひとつある。ならはPAだ。こぢんまりとした作りのPAは僕が最も好む本当にトイレと自販機だけのシンプルで静かなPAだ。ところがここにはモニタリングポストが設置されている。これを見るとああこの場所はまだこれが必要な場所なんだなと痛感する。因みにこの場所の数字は0.1μ㏜だったが、場所によっては4μ㏜にまで数値が上がる場所もある。

 そしてこのならはPAを出発すると異様な光景が目の前に現れてくる。まず一車線であることはこの先も変わらない。時々二車線になって遅い車は後続車をやり過ごすことができるが、風景はどこまで進んでも山の中。時間は6時を過ぎて薄暗くなってくるが、人家が見えても灯りはついていない。道路の街灯が整然と等間隔に灯っているだけで、集落が見えても灯りがない。こんな風景が延々と続いている。山をかき分けて次の集落が見えてもまた同じだ。この当たりは人が住んでいない帰宅困難地域なのか、それとも別の事情でたまたま家に灯りがついていないのかはわからない。やがて日も落ちて暗くなると山の中に道の筋を辿るように灯りが点在しているのが見える。生活の気配はもはやそこにはない。

 先の震災以降初めて東北に足を向けるということもあってこのような風景には慣れておらず、いちいち目にしてはあれこれと考えることがあるのだが、最初からこれを見てしまうとこの先が心配にもなる。

 ならはPAを出発して50キロほど走ると次の南相馬のSAが見えて来るが、とても立ち寄ろうとは思えなかった。できたらこのまま止まらずに仙台へ行きたい気分だった。

 こうして何かから逃げるように仙台を目指し、途中から三陸道に入ってすぐのところで高速道を降りる。夜なのでどこをどう降りて、周囲はどんな感じなのかはよくつかめなかったがそこは仙台のすぐ隣にある多賀城。この日の宿はこの多賀城市内にある比較的老舗でわんこも泊まれる小野屋ホテルを押さえておいた。

 ホテルにチェックインすると夕食がまだだったので荷物を置いて夕食を食べることに。仙台に向かう途中から目星をつけていたお店へ向かうも、途中は真っ暗で不気味な工業地帯らしき場所を通り本当にここでいいのか戸惑う。

a0004070_11005531.jpg
◆初日の夕飯はここで牛タン

 仙台といえば自動記述のように牛タンというキーワードが頭に浮かぶ。それがいつの頃からなのかはわからないが、仙台と言えば牛タン。盛岡と言えば冷麺なのだ。ということでせっかくなら本場の牛タン食べようと向かったのが同じ多賀城市にある「たんや善治郎」である。ここでわんこにはもうしわけないが車で留守番をしてもらい初日から贅沢をした。
a0004070_11005611.jpg
◆定食についてくるコムタンスープ(牛テールのスープ)


a0004070_11005515.jpg
◆こちらは牛タン煮、これも定食についてくる
a0004070_11005534.jpg
◆牛タンユッケ風

上の写真はユックではなくユッケ風にもられているだけで味付けは大和煮みたいだった。見た目は美味しそう。

a0004070_11012453.jpg
◆牛タン、牛タンつみれ、牛タンソーセージ

写真はメインの牛タンづくし。正直言って牛タンってのは焼肉屋で見るようなペラッペラのあれかとばかり思っていたので思っていたのでこれには正直違うものがやってきたのかと思った。いや、これが本物なんだな。それと焼肉屋の牛タンはあれはあれで火が通りやすいようにわざと薄く切ってあるのだろうと思った。

すっかり牛タンを堪能して宿に帰るとわんこを連れて夜のお散歩に出かけたが駐屯地が近いのか就寝の合図らしきラッパがどこからか聞こえてきた

5月3日、自宅から笠間経由、多賀城まで移動■
次回につづく



by fibich | 2017-05-14 12:35 | わんこといっしょ | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31