ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

北海道旅行(2)

【2018年8月17日(金)】

 フェリーが函館港に着いたのが午後2時ごろだった。当初はすぐに北上をして夕方までにはニセコあたりにまで行きたかったが、ママが函館で昼食にしようと言い出し、さらにお店まで探してくれたのでそれじゃあ昼食くらいはと思って朝市方面へ。

 久しぶりにやって来た函館はどことなくよそよそしく、すっかり様子が変わっていた。新しくなった函館駅、見たこともない橋、そしてこんなだったっけと思う様な朝市。だいぶご無沙汰だっただけに函館がとても知らない街の様に思えて来た。

 お店は朝市のはずれにある「くいしんぼう」という店。我が家が選ぶのだから基本はわんこも入れるお店だ。時間も2時半をすぎるくらいとなると食べられるメニューも限られ、本当は食べたかったイカもホヤもすでに売り切れになってしまった。そんな中イカが中途半端に余ったのでどうぞと出していただいた。やっぱり函館に来てイカ食べなくちゃ。

a0004070_00304471.jpg
◆「くいしんぼう」の三色丼

a0004070_00124194.jpg
◆函館朝市エリアの「くいしんぼう」
(リンクをクリックすると360度画像展開)

 食事を終えたらさっさと出発するつもりが、もっと函館を見たいというママの要望でまずは朝市エリアをわんこ連れて散歩。その後ハリストス教会くらいは見ておこうと思ったらその途中で金森赤レンガ倉庫を通過したため、そこで車を止めて赤レンガ周辺を散策。

 赤レンガ倉庫エリアは観光客でごった返していた。このあたり函館も横浜も変わらない。ちょっと違うなと感じたのは横浜と違って函館は外国人、それも中国人らしき観光客が多いことだ。あまりここで文句は言いたくないがわんこの写真を撮っているとカメラを差し置いてわんこの周りに集まり勝手にスマホで写真を撮る。そして持ってるスマホもiPhoneが多いのが中国人団体ご一行様の特徴だ。

a0004070_00302092.jpg
a0004070_00302546.jpg
a0004070_00332565.jpg
◆金森赤レンガ倉庫街
(リンクをクリックすると360度画像展開)

 赤レンガ倉庫街を出発し、次は坂の多いハリストス教会付近の「教会群エリア」に向かう。ここも通過する程度と思っていたのだがしっかりと記念撮影をしてしまった。

a0004070_00302988.jpg
a0004070_00303722.jpg
 こうして予定外の函館観光をして街を出る頃にはすでに午後4時を回っていた。この日の目的地は留寿都にあるペンション。ただ夕食はついていないのでチェックイン時間も多少は遅めに設定してあった。それでもできるだけ早めに近くにまでは行っておきたかった。

 函館からは函館新道という道路を通り、その後一般道国道5号線を大沼公園の近くまで進み、そこから道央自動車道に乗る。高速道路に入ればペースも上がるだろうと思っていたのだがそれは大間違いで、イナカでよく見られる一車線高速道路だった。この一車線高速道路をひた走り、最初にあった八雲PAに立ち寄った。

 八雲PAは高い場所にあり、とても眺めが良くて遠くに噴火湾(内浦湾)も見下ろせる。風も爽やかでここに来て本当に北海道に来たんだなと実感した。暑くてジメジメした横浜とは明らかに空気が違っていた。

a0004070_00304901.jpg
◆八雲PAにて、バックには噴火湾

a0004070_00380708.jpg
◆八雲PA
(リンクをクリックすると360度画像展開)

 八雲PAを出ても一車線高速道路は長万部あたりまで続き、全然高速道路の意味をなしてはいなかった。警察車両も所々で見かけていたのでどうしても制限速度を超えて走りづらかったということもあるが、制限速度は50キロだというのが最大の原因。黒松内から一般道に入る頃には日も暮れて、こっちの方がスピードを出せた様な気もする。

 夕食はその先の蘭越で、この蘭越という町は僕がライダーだった頃、かつての職場の同僚が北海道に渡りそこで働いていたこともあって、夏場は毎年の様に遊びに行っては居候みたいな生活をしていたこともあってとても馴染みのある場所。それと同時に近隣のニセコ、真狩、喜茂別、京極、岩内、倶知安、留寿都あたりの道はよく知っていた。

 この蘭越の駅の近くに当時も何度か行った飲み屋があり、夕食はそこで食べようと考えていた。行ってみるとお店も健在。ここでホッケ焼きやザンギなど北海道の味を思う存分楽しんで来た。このお店はかつては夏場になるとヤツメウナギも出していた。蘭越町には尻別川という大きな川が流れていてそこでヤツメウナギが採れたからだ。聞いてみるとすでに10年以上も前からヤツメウナギは出せなくなっていたらしい。

a0004070_00305588.jpg
◆蘭越町の「暮六つ」

 八雲PAにいた時はまだ風が爽やかという程度だったもだが、暮れて夜になるともう涼しいを通り越して寒いと感じるくらいにまで冷えていた。ライダー時代にはなかった国道沿いのセイコマで飲み物を調達して宿のある留寿都へ。

 留寿都の宿はペンション。ルスツリゾートのすぐ近くにあるがすぐ近くに車でどこにあるのかもわからなかった。部屋は二階の12畳の間だったが風呂はなくシャワーがシェアだったのでこの日は風呂を諦めた。さらに留寿都ともなると気温はさらに下がり寝る前に暖房をつけてようやく寝られたくらいである。

 前日は夜通し運転をしていて、フェリーの中で30分ほどしか睡眠がとれていなかったこともあり布団に入るとすぐに寝てしまった■

次回に続く


by fibich | 2018-08-26 01:42 | わんこといっしょ | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31