ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

開成町あじさいまつり

a0004070_18280897.jpg

【2018年6月9日(土)】

  県内の開成町で「あじさいまつり」なるイベントが開かれると言う情報をどこからかママが聞いて来て連れて行けと言うのであまり気が乗らないけど(ここ大切)行くことにした。


 桜やバラなどは足を運んでまでも見たくなるが、紫陽花ってのはどうかな。この時期になればそこらじゅうで咲いているし、たくさん咲いていればそれだけキレイかもしれないが、それにしてもわざわざ出かけてまでという気分にはならない。紫陽花は他の花と違って梅雨のジメジメした曇天の下で咲く、きれいといえばきれいだがあまり印象はよくないのが本音。もっと言っちゃえば紫陽花はそれほど好きじゃないのだ。


 しかもこの日の天気は快晴で昼前からぐんぐん気温があがって暑いのなんの。さらに場所は神奈川西部の開成町と日頃あまりなじみのない場所とあって気が乗らない。カーナビでは東名高速を大井松田で降り、松田町から酒匂川を越えるとその向こう岸が開成町。県内で最も小さな町だ。


 会場が町内のどこかよくわからないので町の中心あたりのコインパーキングで車を駐めてそこから歩くことにした。距離はたいしたことないがなにせ暑くてしんどかった。こんな時はわんこもしんどいのでお帽子をかぶせて会場に入る。


a0004070_22545349.jpg
a0004070_22545358.jpg
◆これはもうお約束


 会場はなんだろう、田んぼが広がる農地のあぜ道におびただしい数の紫陽花が咲いていて、その間を歩いて回るって感じである。神奈川県もここまでやって来ると長閑だなと思う風景の中で色とりどりの紫陽花が咲いていた。来てみれば結構楽しめるものだ。

a0004070_22545482.jpg
a0004070_23181198.jpg


 出店が出ていたり撮影ポイントを設置したりとイベントらしく観光客を出迎える姿勢が見ていても気持ちよくなるくらいいいイベントだったと思う。難を言えば暑すぎたことだが、こればっかりはどうにもならない。


a0004070_23184492.jpg
a0004070_23184422.jpg
a0004070_23184554.jpg
a0004070_23184529.jpg
a0004070_23194484.jpg

 あまりに暑すぎるので日陰のベンチで休んでいると声をかけられた。よく見るとご近所のムックちゃん一家だった。このムックちゃん一家はどう言うわけか出先でバッタリが多い。ということでここからはムックちゃん一家と行動を共に。一緒に写真を撮ったり日陰で一息入れたりしてあじさいまつりを楽しんだ。


a0004070_23201480.jpg
a0004070_23201595.jpg
a0004070_23211085.jpg
a0004070_23211040.jpg
a0004070_23211184.jpg


 あじさいまつり会場を出るとムックちゃん一家とはここでお別れ。我が家はママのもう一つのリクエストである開成町に新しくできたパン屋でのんびりパンを食べて帰ってきた。このパン屋はテラスならわんこもOKという店だった。しかしそれよりもパンそのものが美味しかった。


 土曜日ということもあって帰り、東名上りは渋滞もなくスイスイと帰って来ることができた。


 2年ほど前に行った松田のさくらまつりなどもそうだが、県西部はまだまだ行ったことのない場所も多いなとつくづく思った■


by fibich | 2018-06-19 19:24 | わんこといっしょ | Comments(0)

詩と写真の日記

by 遊羽(なめタン)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31