ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

GW後半② 厚木ポピー祭り

a0004070_12291428.jpg

【2018年5月5日(土・祝)】


 ママがチャイと鯉のぼりの写真を撮りたいというので厚木にある恩曽川の鯉のぼりを見に行こうということになった。これはおともだちのムックちゃん一家が先日行ったのをママが写真を見て行きたくなったようだ。ついでに同じ厚木市ということでポピー祭りが行われているとの情報を得てそれもセットでということになった。


 ポピー祭りが行われているのは飯山温泉。厚木から清川村方面へと向かったところにある。実はこのすぐ近くには飯山観音というお寺があり、このお寺こそは坂東三十三ヶ所巡礼の六番札所でもある。坂東巡礼を二度している我が家は当然このお寺にも二度来たことがある。


 家から飯坂温泉は結構な距離があり、連休ということもあって途中の道路は適当に混雑もしていた。


 ポピー祭りのすぐ近くに駐車場があったらしいが、間違えて飯山観音の駐車場まで行ってしまったのでそこに車を止めて長い坂を下って会場へ。会場には確かに真っ赤なポピーが咲いてはいたが側から見るとどうにもよそ様の畑といった印象が強い。奥に進んで見ると物販テントとステージが用意されていてやって来た客が代わる代わるその上でカラオケを披露していた。ローカル感丸出し。


 ステージを見て見ぬ振りしながらさらに奥にあるポピー畑に向かうと適当に真っ赤な花が咲いていて望遠レンズを使えば余計なものが写り込まないくらいの広さはあった。(ただし望遠は必須かも)

a0004070_12294672.jpg
a0004070_12294744.jpg
周囲のものが写り込まぬよう望遠は必須かも

 想像では一面のポピーばたけを連想していたのだが、これでは休作している畑を利用しているといった程度だ。規模には多少の不満は残るが、それでもこれだけの規模のポピー畑などはなかなかお目にはかかれない。本当に心の底からポピーを楽しみたければやっぱり東秩父の天空のポピーでも見に行った方がいいのだろう。

a0004070_12310309.jpg
東秩父の「天空のポピー」は圧倒的(2016年撮影)

 撮影をした後ふたたびステージのあるエリアに戻り、豚汁が売られていたのでいただいたがそれは本当に美味しかった。この豚汁だけでもヨシとしなけらばいけないだろう。


 会場を後にして息も絶え絶えもとの飯山観音駐車場まで戻るとつぎは鯉のぼりを目指して移動。恩曽川の会場付近に駐車場はないので少し離れたところにある野菜即売所に車を止めた。

a0004070_12321032.jpg

 川沿いを車で走っている時には規模は小さいながらも川沿いに鯉のぼりが泳いでいてこれはと思ったのだが、実際に見て見ると鯉のぼりはお堀みたいな川の上を風も受けずにまるでししゃものように垂れ下がっていた、それも足元でだ。鯉のぼりは堀の高さのところに張られたロープに繋げられていて見上げるのではなく見下ろすような感じで並んでいた。

a0004070_12320969.jpg
恩曽川の鯉のぼりは足元を泳いでいた

 …これまた期待はずれ。


 それでもせっかく来たので会場でもある地蔵橋親水公園まで歩く。この公園まで来ると立ち位置が低くなるので相対的に鯉のぼりは高くなる。とは行っても上空をゆらゆらという感じではとてもない。我が家は3年前相模川の高田橋にある鯉のぼりを見て、こういうのが鯉のぼりだと思い込んでるところもあり、足元に鯉のぼりがあってもちっとも楽しくはない。

a0004070_12322516.jpg
地蔵橋親水公園
a0004070_12334644.jpg
高田橋のこいのぼり 隣はムックちゃん(2015年撮影)

 それでも適当に写真を撮って野菜即売所に戻った。野菜即売所が最後の楽しみでもあった。しかしこれといったものもなく、ただひとつオギノパンが出店していたのでそれをお土産に買って帰った。


 ポピー祭りも恩曽川の鯉のぼりもまったくガッカリとは言わないが、もうちょっと下調べをしてから出かけるべきだなと反省させられた■


by fibich | 2018-05-16 21:27 | わんこといっしょ | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31