ネモフィラリベンジ

a0004070_11070296.jpg

【2018年4月30日(月・祝)】


 陶炎祭の翌日、宿で目を覚ますと5時だった。すでにわんこは目を覚ましていて鼻なきをしているので着替えて散歩に出かける。ママはまだ寝ていた。宿は阿字ヶ浦の目の前だったので浜辺まで散歩。わんこは我慢していたようで茂みに入ると用を足していた。一晩中我慢していたようだった。


 すでに日は昇っていてしばらく浜辺に腰を下ろすと朝日を眺めていた。今日もいい天気で暑くなりそうな予感もした。まだ5時半くらいの阿字ヶ浦は人の気配もまばらで静まり返り、波の音だけが聞こえていた。

a0004070_11232796.jpg
阿字ヶ浦で朝日を眺める

 宿に戻ると支度を始める。食事は7時からだというのでその前にもう一度風呂に入る。この宿の風呂からも海が見える。ということは海から風呂が丸見えってことなのだろうか。


 朝食は簡単なものではあったがそれでも美味しかった。昨晩と違って大食堂に通されてわんこは部屋で留守番だったが、他の犬連れの客は大食堂にまでわんこを連れて来ていたのでそのあたりのお咎めはなかったのかもしれない。


 9時前に宿を出るとまずは近くのコンビニへ行き飲み物を調達、その後すぐにひたち海浜公園に到着。この時間からすでに車はたくさんやって来ていた。今回はこれまでと違って観覧車のすぐ近くにある入り口から入園。

a0004070_11074825.jpg

 記念写真を撮りながらネモフィラのある丘を目指して歩く。途中で橋を渡るとその先おびただしい人が同じ方向に向かって歩いているのが見える。みんな目当ては同じだ。

a0004070_11075545.jpg
芝生が気持ちいいのか散歩を拒否するエルマ
a0004070_11080658.jpg
広い公園でお散歩
a0004070_11104791.jpg
観覧車はおそらくペットNG


 そんな人の波を避けながらネモフィラのある丘まで行くとまずはわんこの撮影。コレまでのブログの写真もそうだが、わんこを三頭並べて写真を撮る。我が家はこれが当たり前だし、我が家の知り合いさんもみんなわんこをおとなしく並べて座らせ撮影をしているので当たり前と思うことだが、側から見るとすごいことなのか撮影をしていると大勢の人が集まってくる。これが嬉しいやらちょっと困るやらでいつも複雑な気分だ。わんこを可愛がってくれるのは飼い主としては嬉しいが、時として撮影の妨げにもなる。中には人がカメラを構えている目前でどっと腰を構えてスマホやコンデジで写真を撮ろうとする人もいるのでちょっと困る。写真は撮っても一向に構わないが一言断りもほしいところだ。特に中国人は絶対に断りなしに写真を撮る。その後の行動などを見るとどうやら微博あたりに写真をアップしているのだろう。怒りはしないが飼い主の中には極端に嫌う人もいるということを知っておいてもらいたい。

a0004070_11114915.jpg
ネモフィラの丘は人が写らない撮影ポイントがいくつかある
a0004070_11130624.jpg
久里浜のいいところはわんこを花の中に立たせられるところだ


 せっかくネモフィラの丘に来たのなら丘の上まで行きたいところだが、あまりの人の多さに二の足を踏んでしまうほど。以前コキアを見に来た時もそうだったが、ネモフィラでも全く同じだ。

a0004070_11141910.jpg
人の多さも圧倒的だが特に苦には感じない

 人の多さにはびっくりしたが、それ以上に規模の大きなネモフィラには圧倒された。明らかに久里浜とは違う。久里浜が悪いとは言わないがやっぱり規模は比べ物にならない。

a0004070_11175509.jpg

 ある程度撮影をすると意を決して丘に登り出し、適当な場所を見つけては撮影を続けた。撮影を始めるととたんに人だかりができてそこで流れが詰まってしまう。迷惑かけているなという気分で撮影を続ける。

a0004070_11155927.jpg
エルマは観覧車が大好き

 丘の上から見下ろすと辺り一面がネモフィラ。これは見ておいてよかったと言いたくなる程の絶景だ。来てよかった。

a0004070_11183616.jpg
a0004070_11184028.jpg
丘の裾にあるベンチがおすすめ
(マットを敷きましょう)

 人の多さはコキアの時と同様「青いケーキにアリがたかっている」状態だ。(コキアの時は「赤いケーキだが」)大型連休だから致し方ないがそれにしても外国人が多かった。特に中国や台湾からいらした方。英語じゃない言語を話す白人の人もいた。ベトナムから来た人、フィリピンから来た人。おそらくマレーシアかインドネシアから来られたであろう人もいた。

a0004070_11202358.jpg
ひとたび撮影を始めるとこんな感じ

 丘から降りると小腹も減ったので昼食タイム。いい天気で日差しも強く木陰がとても気持ちいい。そして再び撮影を何箇所かでした後十分にネモフィラを楽しんだので早めに公園を後にした。公園を出たのが2時前。

a0004070_11202909.jpg
わんこも大満足の様子

 ここでそのまま真っ直ぐ帰れば渋滞にはまったく巻き込まれずに帰ることができたであろう。しかし我が家は渋滞覚悟でも次の目的地へと向かったのだった■


by fibich | 2018-05-11 19:05 | わんこといっしょ | Comments(0)