ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】From 134(68)

a0004070_445016.jpg

海風も冷える頃になり
そろそろ誰かが夢から覚める
旅の鞄は小さくなった方がいい
少しばかりの写真と
あとは持ち帰って思い返す
波の音があればいい
誰かに背中を向けることは決して恥ずかしいことではない
行き場を決めあぐね戸惑うことの方が
ずっと恥ずかしいことだから
遠き日に夢を見た思い出がやがて尽きようとも
明日は必ず来ると信じ
再び歩み出すんだ
by fibich | 2005-08-31 04:04 | 携帯でカキコミ | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30