ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】From 134 (61)

a0004070_342342.jpg~ボンクラの歌

世界中ボンクラだらけのこの時代にしみつきながら
やりきれないほどのため息に寄りかゝって生きている

新しい風に背中を向けていつものように空を見上げれば
どうにもならない諦念がまたそっと肩を抱いてくれる

空しさなんて感じているだけ空しくなるから
もう感じないことに決めたんだ そうして行くことに決めたんだ

誰が悪いのでもなく こゝにいる自分が一番悪いんだ
自分さえいなければ良かったことなんだ
by fibich | 2005-08-01 03:04 | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31