ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

春のオフ会(2/後編)

 三月下旬の浜松オフの最終回。メイン会場「ハマワン」での解散後、一部の参加者は舘山寺にある聖地、らーめんカフェワコーへと移動を始めた。朝のうちから大勢で押し寄せることになるだろうと思い他の予定を立てていたのだが結果としてちょっと遅れて行くことに。大勢で押しかけたら大変なんじゃないかな、そもそも全員座れるのかと心配だったのだがそんな心配は…

a0004070_09103818.jpg
 取り越し苦労だった。改装中だったデッキは完成し、我々以外の客もちゃんと食事ができるくらいだった。それにしてもいきなり押し寄せて集まったポメはこのお店でも25頭。ちなみにらーカフェで一度に25頭もわんこが集まったのはこれが初めてだったらしい。

 遅れてきた我が家は車を対岸の公衆トイレの横に駐めてあとはとことこ歩いて合流。以下一緒にラーメンを食べた仲間達の写真。

a0004070_09152277.jpg
◆ニコルちゃん

 ニコルちゃんはかなり頻繁にらーカフェに来て、いつも麺食い競争をしていることもあってやっぱり嬉しそう。
a0004070_09152264.jpg
◆シェリーちゃん
a0004070_09152322.jpg
◆とび丸くん
a0004070_09152257.jpg
◆むくくん
a0004070_09152396.jpg
◆あずきちゃん

 あずきちゃんもそうだけど、他にもヘロヘロになっているわんこがたくさんいた。いろんな事があってけっこうみんな疲れちゃっていたのではないかな。

a0004070_09154649.jpg
◆モカちゃんと大和くん
a0004070_09264508.jpg
◆ネージュちゃん
a0004070_09264662.jpg
◆シュネちゃん
a0004070_09264588.jpg
◆ピグモンくん
a0004070_09264607.jpg
◆豆太くん

 らーカフェのワコーさんも後ほど言っていたけど、これだけの人がやって来るとは思っておらず油断しまくっていたのでバタバタになってしまったらしく。オーダーも順番通りではなかった。ラーメンを待っている間わんこ達もだんだんとトロトロになっている様子。

a0004070_09320496.jpg
◆マキティさん一家

 そこに沈黙を破るように登場、わんこ用のラーメン。それぞれに配られてあちこちで麺食い競争が始まった。

a0004070_09353918.jpg
◆ネージュちゃん

 麺食いのコツは麺を上から垂らさないと食べづらくなるのかな。眠たいのか食べづらいのかちょっとわからないけど(笑)

a0004070_09360654.jpg

 こちらピグモンくんとすみれちゃんはラーメンの引っ張り合い。目から火花でも出そうなくらいに相手を牽制し合っているみたい。

a0004070_09411128.jpg
 うちのわんこ共はチャーシューにつられてこの状態。こと食べることとなると眠気も何も吹っ飛ばしてこんな状態。

a0004070_09453819.jpg
◆ロゼちゃんとリナちゃん

 この二人のことなので取り合いのケンカをするのかなと期待していたが、ロゼちゃんは上手に麺を食べてました。
a0004070_09453773.jpg
 こちらは元太くん。麺食いは初めてだと思うけどこの見事な食べっぷり。

a0004070_09453878.jpg
 麺食いのエキスパート、ポッキーくん。もう慣れたものである。

a0004070_09481474.jpg
 ようやく周囲の異様な盛り上がりに気がついた我が家の3ポメ。これから見苦しい麺食い競争が始まるよ。
a0004070_09492274.jpg
 まずはチャイ、上手に食べられるようになりました。

a0004070_09492173.jpg
 続いてラーレ、横でチャイが虎視眈々と狙っています。
a0004070_09510118.jpg
 エルマの順番になるとチャイが横からやって来る。
a0004070_09510119.jpg
 いつまで経っても上手に食べられないエルマ。ラーレも横から狙っています。
a0004070_09510180.jpg
 さっきぐったりだったあずきちゃんも麺食いとなるとこの通り。

 さて、麺食いも終わりあとは夕暮れのテラスの中歓談タイムでみんなもまったり、わんこはぐったり。
a0004070_09535621.jpg
◆ねぶ蔵くん、我が家の向かいに座っていた

a0004070_09535650.jpg
◆シュネちゃんとネージュちゃん
a0004070_09535766.jpg
◆モカちゃん
a0004070_09584879.jpg
◆豆太くん

 こんな穏やかな時間の中、また新たに惨劇が!

a0004070_09584867.jpg
◆最後の最後に受難のシュネちゃん

 
a0004070_10010218.jpg
 一息ついたワコーさん(らーカフェの店主)にも写真におさまっていただきました。毎度ありがとうございます。ワコーさんはニコルちゃんも好きだけど我が家のラーレも好きで、ラーレもワコーさんが来ると喜ぶのでいつもこうして抱っこしてもらっている。
a0004070_10040437.jpg
 一方我が家のエルマはこの有様。もうかなり限界の様子。

 この後日も傾き湖畔には冷たい風が吹き始め、参加した家族も一組また一組と去ってそれぞれの目的地(自宅、ホテル、パーキングエリア等)へと向かっていった。我が家はと言うとせっかく来たので日ぐれてから舘山寺へお詣りへ行き、温泉街をぶらぶらとわんこのお散歩をした後に再びらーカフェに戻って夕食を食べた。

 夕食には以前ワコーさんがfbで写真を載せていた勝浦タンタン麺を食べてみたいとお願いすると快く受けてくれた。
a0004070_10204096.jpg
 ワコーさんの本名から命名されたらーカフェの裏メニュー「桂タン」、実は客に出すのは初めてとのことだった。どんなものだろうと楽しみにしていたが率直な感想は美味い。美味いけど辛い。頭のてっぺんから汗が噴き出るくらいの辛さだ、しかしこの辛さがあるから美味さも引き立つのだろうと思う。辛党な僕が辛いと言うくらいだから相当辛いものだ(と、一部の人なら納得するのではないかと思う)。これ、お店のメニューに出せばいいのになと思う反面辛すぎてメニューに登場してもどうかなとも思う。

 通常辛いラーメンというと俗に言う「地獄ラーメン」のように唐辛子たっぷりで舌を痺れさせて辛みでごまかすラーメンが主流。しかしあの地獄ラーメンのコンセプトって下品だよなと学生の頃から思っていた。何故ラーメンにあんな痺れるくらいの辛みを求めるのか。スープが赤ければそれだけで食欲をそそり、食べて辛みしかわからないからベースの不味さはいくらでもごまかせる。しかしこの桂タンはご覧の通りスープが澄んでいる。視覚で辛みなど全く訴えていないのだ。さらにしたがひりひりする辛みとはまた違う。というのはこがし玉ネギの甘みや挽肉の味はしっかり伝わるからだ。

 これが以前もこのブログで書いたらーカフェの出しゃばる味がなく調和で美味さを引き立てるラーメンのコンセプトがそのまま生かされている。敢えて書くとして何か出しゃばると言えばやっぱり辛みかな、というくらいに辛かった。けど美味かった。

 さらにこのラーメンは他のメニューと違ってスープの表面が油で覆われる俗に言う旭川スタイルでもある。旭川ラーメンとは全く違ったものだがこれによってスープが冷めにくく辛みも持続している。

 さて、ラーメンについて暑苦しく語ってしまったが、オフで参加したみんなが帰った後、常連のお客さんと一緒にワイワイと賑やかな時間が過ごせたのはとても楽しかった。

a0004070_10315994.jpg
 帰りはらーカフェを9時半に出発。最寄りの新東名のICが浜松浜北。そこまでに1時間。我が家に帰り着いたのが12時半だったのでたったの3時間で帰ってこられた。途中睡魔に襲われていると横にいたチャイとラーレが応援してくれていた。(ママは大口開けて最初から最後まで目を覚まさなかった。)

 こうして浜松の日帰り旅は終了したが、後に残った写真は合計で1400枚近く。これを全部見て要らないものは削除をしてとこのブログを書くまでには随分な時間を要している。その間に参加した他の方のブログなども一部拝見したが、やっぱり参加したポメが多すぎて漏れちゃっている子もいたりと大所帯のオフはその後も大変だと思った。

 今回せっかくお目にかかりながらも言葉の一つも交わせずじまいの方もいらして不愉快な思いをさせたかも知れませが、僕の事よりも僕のわんこ共をこれからもよろしく可愛がっていただけたらと思います■

by fibich | 2015-04-03 11:01 | わんこといっしょ | Comments(0)

詩と写真の日記

by 遊羽(なめタン)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31