ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『秋桜』



道端で秋桜が咲いている
花のゆとりのあるこの通り
この道は元来た道から遙か遠く
揺らぎのない故郷の歌を伝えゆく

道端で秋桜が咲いている
秋深き旅路の最中の鮮やかな光景
こんな通りの近くに住めたらと羨望遙か遠く
終わりのない旅路の先の冬を感じ始める

遠く私をいざなった憧れが手に届く頃
秋空は青を纏い深い呼吸を再び始める
そして今 道端で秋桜が咲いている

あゝ遠き記憶の道よ 時を越えて今
失ったものが再び私の元に来るようだ
道端で秋桜が 風に揺れている


Commented by hannah5 at 2004-12-02 00:19
コスモスってきれいですね。
想いが一層深まりますね。
Commented by fibich at 2004-12-02 22:41
>>hannah5さん
コスモスって秋になると当たり前に咲いていますけど、よく見てみると
きれいなものですね。
この写真は以前奥秩父に行ったときに廃校の校舎の横に咲いていた
ものです。奥秩父から信州へと続く細い道がいわゆる「コスモス街道」の
本当のルートだと地元の人が言っていたのを思い出しました。
by fibich | 2004-12-01 23:52 | | Comments(2)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31