ブログトップ | ログイン

幻想と日常 ~La Fantazio kaj la Kvotidiano

【詩】『恋する螺鈿』

螺鈿模様の鈍色が
漆黒の地の上で
希望の光を受けるたびに
複雑な輝きを織りなしている
生き生きと
瞬間瞬間を正確に捉え
それはまるで
恋をしているような
緻密な計算の上に輝く
偶然のようで
緻密な計算を想像させるような
一瞬の偶然のようで
目の前の光に反応する
螺鈿模様の移り変わり
まるで
恋をしているような
一瞬の連続
by fibich | 2004-11-21 22:16 | | Comments(0)

詩と写真の日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31