a0004070_23232695.jpg
【2017年5月4日(木)】

 女川を出て石巻まで戻ると再び三陸道に入ってさらに北上。この三陸道というのもかつてからの三陸地方の悲願でもあったのだが、震災をきっかけにぐっと現実化されていくように感じられた。仙台からまずは南三陸まで登米を通って開通している。津波の被災地として名が知られるようになった南三陸町はかつては志津川町、歌津町の二つの町だったが平成大合併の際に合併して南三陸町という名前となった。この合併前、まだ志津川と歌津の二つの町だったときに何度かここを通過している。志津川は南側、歌津は北側、そしてさらに北へ進むとかつては本吉町に入り、その後気仙沼市に入るのだが、本吉は気仙沼に編入されてしまいいきなり南三陸の北は気仙沼である。

 三陸道の終点はこの志津川の北端あたりで国道に出てちょっと走れば旧歌津町だ。ここから一般道の国道45号線に入る。

 しばらく国道を走っていると左手にJリーグの旗がたなびいている場所があり、よく見ると人がたくさん集まっていた。イベントか道の駅だろうと思ってちょっと立ち寄って休憩することに。

 その場所は歌津駅(現在はBRTで営業している)のすぐ横にあるハマーレ歌津という新しくできた商業施設だった。特に道の駅ではないのだがせっかくなので休憩をして小腹も空いてきたので何か食べることに。

a0004070_23232761.jpg
◆ゴールデンウィーク直前にオープンしたハマーレ歌津

 この商業施設、テレビか何かで見たばかりだった事もあり、まさかそんな場所にやって来るとは思ってもいなかった。連休ということもありイベントも行われていてとにかく大勢の人がやって来ていた。ここで軽く食事をすることに。

a0004070_23232930.jpg
◆ハマーレ歌津で海鮮丼

a0004070_23232720.jpg
◆わんこもかわいがってもらいました

 食事をして適当に体を休めると先はまだ長いのでハマーレ歌津を後にした。こうして復興は着実に進んでいるなと実感をした。
a0004070_23232895.jpg
◆歌津から西表島まで流れたポスト


 次なる目的地は気仙沼。気仙沼にはかつて「とうちゃん」という名前のホームセンターがあり、そのすぐ横には「かあちゃん」という食堂があった。これが今でもあるのか気になりまずは町に入って探してみることに。

 道路は旧本吉から気仙沼に入るところで渋滞が始まり思いの外気仙沼に入るのに時間がかかってしまったが目的の「とうちゃん」は見つけることができた。と言っても本当にこの場所だったかなと疑問を感じてしまった。そして「かあちゃん」は見つけることができなかった。

 その代わりと言っては何だがその近くには「さかなの駅」という海鮮即売施設があったのでここでお昼をと思って立ち寄ってみた。

 しかしこの「さかなの駅」は言うなれば魚屋さんが集まっているだけのもので、釧路の和庄市場のようにご飯を買って市場で新鮮なネタを買って食べるという場所ではなかった。施設の人にこの近くのお店を紹介してもらったが大抵の店は2時半で一度店が閉まり、どこも悉く当てが外れてしまった。仕方がないので再びさかなの駅の中にある魚屋で出来合のお寿司を買って食べることに。

a0004070_23232811.jpg
◆さかなの駅で買ったお寿司、魚屋のお寿司だけあってネタは新鮮

 ああ、ここでまた贅沢をしてしまったとは思ったが、このお寿司は本当に美味しかった。回転寿司などは到底太刀打ちできないくらいにお寿司が楽しめた。

 三陸に来て海の幸を楽しまない手はない。多少贅沢ではあるがここでしか楽しめないものは積極的に楽しもうと決めてここまでやって来た。もしかしたらそんな贅沢の一部が復興の手助けにもなるかも知れない。

 南三陸から国道を北上し始めてから津波の爪痕を至るところで見るようになってきて、いよいよ三陸にやって来たんだというリアリティを感じるようになったが、時にあまりに変わりすぎて愕然としてしまう場所も多かった。特に気仙沼を出て唐桑峠を越えるとそれがハッキリとするようになって来るのだった■
次回につづく



 


a0004070_14504603.jpg

【2017年5月4日(木)】

  多賀城のホテルをチェックアウトしてこの日からいよいよ本格的に三陸旅行が始まる。まずは三陸道に入る前に給油。以前も書いたがディーゼルは軽油の値段が場所毎、スタンド毎で違いがありすぎて一つ隣のスタンドとはリッターあたり10円も違いがあるなんてことは珍しくない。そんな中でもここは結構安いと思う場所で給油をする。

 三陸道に入るとまずは矢本PAというこれまた質素なPAで休憩。最初の目的地は女川である。いきなり石巻はすっ飛ばして女川だ。

 宮城県在住の方なら場所の名前、位置はご存じだろうがそうでない方もいると思うので簡単に書くと仙台のちょい脇に多賀城、そこから海沿いを東に向かうとすぐに塩竃に入る。その先が石巻。石巻はこれまでに何度となく足を運んでいるが大きな町だ。そしてその石巻からさらに東に行くと女川がある。そして女川の先は牡鹿半島、金華山という観光地が有名だ。

 かつて牡鹿半島にも足を伸ばしたことがあるのでその手前の女川にも立ち寄ってはいるのだが何せ石巻と違ってあまり記憶がなく、さらに先の大震災で壊滅的な被害を被りすでに僕がかすかに覚えている女川の面影は全く残っていない。石巻まで三陸道で行き、そこから先は一般道で女川に向かう。

a0004070_14504671.jpg
◆女川駅前にて

 まずは女川の駅を目指して車を走らせる。駅の裏手には大きな駐車場があり、そこに車を駐めて駅前だけではあるが散策を開始。

a0004070_14504702.jpg
◆駅前にシーパルピア

 新しくなった女川駅からまっすぐ湊にむかってシーパルピアという商店街があり、連休と言うこともあって適当に人で賑わっていた。両脇にはいろんな商店がお土産なども含めていろいろと売っていたがわんこ連れだとなかなか店の中にまで入れない。ということで雰囲気だけ歩いて感じ取る。

 シーパルピアが終わるあたりにある海鮮専門の店では試食のコーナーがあり、そこには取れたてでまだ殻がついているホヤやツブなどもたべられたのだが、これがまたとにかく美味しい。買って帰れるものなら買っていきたいくらいに美味しかった。さすがにここまで来ると海の幸には自信があるのだろう。

a0004070_14504707.jpg
◆なにかおやつにありつけるかもと期待してます

 ここでお散歩中だったポメ連れの方とお話をした。名前は諭吉くんといってかなり大きなポメ。パパさんが言うには津波で何もかも流されそうになったときにこの諭吉くんだけは離さなかったらしい。生き延びた諭吉くんがいてくれたのですべてを失っても生きていくことができたというお話を聞いた。女川に来て震災のことなど無視はできないが、こんなお話を聞くことができたのは運の良いことだと思っている。わんこを連れて旅をすると知らない土地でもわんこを通じて地元の人とふれ合うことができるなと実感した。

a0004070_14504809.jpg
◆諭吉くん(一番左)と我が家のわんこ

 この先の予定もまだまだあるし、何よりもこの一日で岩手の岩泉まで行かねばならないこともあってあまり女川ではのんびりもできなかったのだが、せめて駅前にある足湯でちょっと休んでお土産のひとつでも(ホヤは買えないから)買っていこうと思った。

a0004070_14504885.jpg
◆駅前には足湯もある

 もとより女川の記憶はそれほどない上に、思っていたとおりすっかり変わって新しくなってしまった町を見て、自分の中にあるかつての女川の姿がさらに薄れて今の色濃くて新しい女川の姿が上書きされていった。

 もう一つ女川については書きたいことが個人的にはあるのだが、それは旅行記とは遠くかけ離れてしまうものなので書かないでおく。

 女川を去ると再び石巻まで戻り、三陸道をさらに北上した。今日の目的地は岩手北部の岩泉、まだまだ先は長かった■
次回につづく

a0004070_11005609.jpg
【2016年5月3日(水)】

 午後4時過ぎに笠間を出発するとそのまま友部ICから北関東道に乗り、その先の友部JCTで普通なら東京方面へ行くところをいわき方面へと道を選びそのまま常磐自動車道を北上。

 常磐道を使うのは以前にコキアを見にひたち海浜公園へ行った以来で、そのまま越境するとなると本当に20年近くも昔の話になる。その頃の自分はどこへ行くにも高速道路を使わなかったのでいわき方面に常磐道で行くとなると初めてではないがいつが最後だったか思い出せない。

 先の震災で常磐道はずっと一部不通の状態が続いていたが最近になってようやく全線開通して仙台方面へのルートが二つになった。今回はこの常磐道の再生した区間を通って仙台へと向かう。

 二車線の道路はいわきを通過していわき四倉あたりから一車線になる。常々一車線高速道路の意味を考えるのだがこの常磐道に限って言えば一車線でも通れるようになって本当に良かったと思っている。(他の場所は早く二車線にしてほしい。特に四国)

 ここから先にまずはPAがひとつある。ならはPAだ。こぢんまりとした作りのPAは僕が最も好む本当にトイレと自販機だけのシンプルで静かなPAだ。ところがここにはモニタリングポストが設置されている。これを見るとああこの場所はまだこれが必要な場所なんだなと痛感する。因みにこの場所の数字は0.1μ㏜だったが、場所によっては4μ㏜にまで数値が上がる場所もある。

 そしてこのならはPAを出発すると異様な光景が目の前に現れてくる。まず一車線であることはこの先も変わらない。時々二車線になって遅い車は後続車をやり過ごすことができるが、風景はどこまで進んでも山の中。時間は6時を過ぎて薄暗くなってくるが、人家が見えても灯りはついていない。道路の街灯が整然と等間隔に灯っているだけで、集落が見えても灯りがない。こんな風景が延々と続いている。山をかき分けて次の集落が見えてもまた同じだ。この当たりは人が住んでいない帰宅困難地域なのか、それとも別の事情でたまたま家に灯りがついていないのかはわからない。やがて日も落ちて暗くなると山の中に道の筋を辿るように灯りが点在しているのが見える。生活の気配はもはやそこにはない。

 先の震災以降初めて東北に足を向けるということもあってこのような風景には慣れておらず、いちいち目にしてはあれこれと考えることがあるのだが、最初からこれを見てしまうとこの先が心配にもなる。

 ならはPAを出発して50キロほど走ると次の南相馬のSAが見えて来るが、とても立ち寄ろうとは思えなかった。できたらこのまま止まらずに仙台へ行きたい気分だった。

 こうして何かから逃げるように仙台を目指し、途中から三陸道に入ってすぐのところで高速道を降りる。夜なのでどこをどう降りて、周囲はどんな感じなのかはよくつかめなかったがそこは仙台のすぐ隣にある多賀城。この日の宿はこの多賀城市内にある比較的老舗でわんこも泊まれる小野屋ホテルを押さえておいた。

 ホテルにチェックインすると夕食がまだだったので荷物を置いて夕食を食べることに。仙台に向かう途中から目星をつけていたお店へ向かうも、途中は真っ暗で不気味な工業地帯らしき場所を通り本当にここでいいのか戸惑う。

a0004070_11005531.jpg
◆初日の夕飯はここで牛タン

 仙台といえば自動記述のように牛タンというキーワードが頭に浮かぶ。それがいつの頃からなのかはわからないが、仙台と言えば牛タン。盛岡と言えば冷麺なのだ。ということでせっかくなら本場の牛タン食べようと向かったのが同じ多賀城市にある「たんや善治郎」である。ここでわんこにはもうしわけないが車で留守番をしてもらい初日から贅沢をした。
a0004070_11005611.jpg
◆定食についてくるコムタンスープ(牛テールのスープ)


a0004070_11005515.jpg
◆こちらは牛タン煮、これも定食についてくる
a0004070_11005534.jpg
◆牛タンユッケ風

上の写真はユックではなくユッケ風にもられているだけで味付けは大和煮みたいだった。見た目は美味しそう。

a0004070_11012453.jpg
◆牛タン、牛タンつみれ、牛タンソーセージ

写真はメインの牛タンづくし。正直言って牛タンってのは焼肉屋で見るようなペラッペラのあれかとばかり思っていたので思っていたのでこれには正直違うものがやってきたのかと思った。いや、これが本物なんだな。それと焼肉屋の牛タンはあれはあれで火が通りやすいようにわざと薄く切ってあるのだろうと思った。

すっかり牛タンを堪能して宿に帰るとわんこを連れて夜のお散歩に出かけたが駐屯地が近いのか就寝の合図らしきラッパがどこからか聞こえてきた

5月3日、自宅から笠間経由、多賀城まで移動■
次回につづく



a0004070_21145354.jpg
【2017年5月3日(水)】

 今年のゴールデンウィークの後半、まずは毎年恒例になっている茨城は笠間の陶炎祭(ひまつり)に行くことにした。これまでと違うのはゴールデンウィーク後半になったことだ。これまでは前半の早いうちに出かけていた。

 しかしやっぱり陶炎祭はゴールデンウィークの前半に行くべきだと今回痛いほど知らされた。と言うのも道路が大渋滞。笠間へは常磐道を使っていくが、その常磐道は首都高の小菅あたりから渋滞。それもその渋滞がつくばまで続いていたのだからやってられない。途中どうしてもトイレに生きたくてPAに立ち寄るもまず車が中には入れない。駐める場所もない。さらにトイレは長蛇の列だ。こんな目に遭うくらいなら家でのんびりわんこと遊んでいたほうがまだマシ。

 去年は朝5時過ぎに家を出て陶炎祭会場に着いたのが7時半くらい。今年は同じ時間に出発しておきながら到着したのは12時だった。無駄で苦痛の時間を強いられてようやく到着。

a0004070_21532919.jpg
◆これも毎回のお約束

 今回はこれを買うという目星をつけていたのでいつものようにあちこち見て回って気に入ったものを買うという楽しみもなかったし、さらに陶炎祭も終盤と言うこともあって手軽に使えそうなものがなかなか見つからなかった。やっぱりいいものは早々に売れていくのだろう。…

a0004070_21590418.jpg
◆本当に大勢の人にかわいがってもらいました

a0004070_21590364.jpg
◆お目当ての品はなかなか見つからない
a0004070_21590310.jpg
◆笠間焼ガチャガチャでブローチをゲット

 もう一つ気になったこと。これは個人的感想でしかないのだが。僕が笠間焼に感じる魅力はモノトーンで土らしい肌触り、驚くほどの軽さなのだが、今年は絵皿や柄物が多く見られた。その方が売れるのだろうけどそれではなんとも他の益子焼や有田焼との差別化ができていないような気がする。
a0004070_21590282.jpg
◆食器だけが笠間焼でなはい

a0004070_22092545.jpg
◆食べ物はあってもお洋服はありません

 この日は陶炎祭だけが目的でなく、次なる目的地があったので去りがたい気持ちはあっても早々に出発しなければならなかった。そしてこの陶炎祭はこのゴールデンウィークの序章のようなものでもあった。

a0004070_22092454.jpg
◆ということで一路北上して仙台へ

 と言っても出発は予定よりもかなり遅くなってしまったのだが…

次回につづく


 

人には
それぞれの
生き方がある。

 前任校の卒業生にこんなメッセージを書いて先日直接届けに行ってきた。普段はメッセージなど贈らないのだが、今回は贈ってみることにした。もう一つ部活の生徒にもメッセージを贈った。

汗をかけ
声を出せ
イメージせよ

 こちらは演劇部だったこともありこのようなメッセージだ。

 一つ目はは僕が高校卒業の時、当時の担任が卒業アルバムに大きく書いてくれた言葉だ。きっとこの言葉は高校を卒業する者にこそ深く伝わるのではないかと思う。

 高校時代は底辺高にいながら大学進学を目指していたので早いうちから周囲との関わりを控えて準備に入っていた。当時のクラスの仲間には必要以上に無愛想でつき合いにくくて今となると申し訳ない気分だが、そのおかげで現役合格をし進学ができた。

 他の仲間もそれぞれ卒業後それぞれの道へと進んでいく。その時の一つ目のその言葉は重みを感じるのだ。

 はたして中学生にはどのくらい伝わるのだろう。卒業式は明日■