カテゴリ:わんこといっしょ( 221 )

【2017年5月5日(金)】

 龍泉洞を出ると岩泉町の沿岸にある小本に出て、そこから南下をすると田老だ。現在は宮古市田老となっているが僕が住み込みで宮古にいたときはまだ田老町といって隣町だった。この田老には住み込み時代も含めて何度も行った場所である。

 この田老に震災後お蕎麦屋さんができ、それが復興の証としてテレビで紹介されているのを見た。それが今年の初めくらいのことだった。それを見て俄に三陸に行ってみたいという気持ちをかき立ててくれた。もしこのテレビを見ていなかったら三陸に行ってみようという気持ちにはならなかっただろう。

 そのお蕎麦屋はテレビで見たときにはいかにも仮で営業していますという感じの建物だったのだが、後に移転をしてちゃんとした店構えになっていた。

a0004070_10321443.jpg
◆はなや蕎麦たろう

 このお店では手打ち蕎麦を自分で選べる天ぷらと一緒に食べることができ、出てくる蕎麦も地元の田老産のものが食べられる(他にも北海道産と同じ岩手県の紫波産のそばもある)。お店に着いたときはお昼時ということもあって駐車場はほぼいっぱいだったがよく見ると地元ではなくよそからやって来た車が多かった。我が家と同じようにどこからか評判を聞きつけてやって来たのだと思う。

a0004070_10360350.jpg
◆ミニカツ丼とセットで

 味の方も確かでこれならまた食べに来たくなるなと言う満足感。今回は田老産のお蕎麦を食べたが残念ながら他との違いはわからなかったが、十分に満足できたのでそれはそれで来た甲斐があった。

 せっかく田老に来たのだが町の様子は変わり果ててしまい、陸前高田同様全く知らない場所にやって来てしまった気分である。田老は昭和三陸津波の時にも甚大な被害を受け、巨大な防潮堤があったのだがそれでも先の津波はそれさえも乗り越えて町を飲み込んでしまった。

 田老にはもう一つ三王岩という名勝があるのでそちらも見に行くことに。大船渡の穴通磯と同じく崖の上から見る奇岩だが、その崖に上がるまでの道もまったく記憶にない道だった。

a0004070_10410742.jpg
◆三王岩

 写真ではわかりにくいが実に巨大で立派な一本岩である。さすがにリアス式の陸中海岸だけのことはあるなとつくづく思わせる場所だ。こういった奇岩名勝は比較的津波の影響を感じさせない(建造物じゃないからだ)。

a0004070_10431389.jpg
◆三音岩をバックに

 三王岩を見終わって田老の町に戻る途中にはかつての田老観光ホテルが解体されずに残されていた。宮古市では(宮古以外でも)津波による被害を後生まで語り継ぐ為に一部の建造物を被災遺構として保存している。

a0004070_10455214.jpg
◆田老観光ホテル

 案内板によるとこの5階建てのホテルの4階まで津波が到達、1,2階は骨組みだけを残しすべてがながされてしまったとのこと。事前に予約をしてあれば建物の中にも入ることができる。おそらくは宮古市役所の人なのだろうが、ガイド役として説明をしていた。

 ここだけ見るとだだっ広い場所にホテルがあるような印象しか受けないが、実際は下町っぽい場所にこのホテルがあった。直前まで入っていないがこのホテルの近くは通ったことがある。

a0004070_10455319.jpg
◆M9.0の地震でこれだけ地面が動いたらしい

 旧田老観光ホテルには駐車場やトイレもあり、じっくりと見学をすることができるのだが、その一方でそれを直視できるかというと恐ろしくて長いことは見ていられないのではないかと思う。ここで予想外に時間を使ってしまったので先を急ぐことにした。国道45号線を南下して宮古へと向かう。
次回につづく

【2017年5月5日(金)】

 二日目の宿があった岩泉町は岩手県の中東部に位置する。平坦な農耕地はほとんどなく町の領域の大半は山地で主な産業は林業と観光業だ。岩手県ということもあって同じ県内の平泉と間違われやすい

岩泉は広大な面積を誇り、日本の都府県では最も大きな面積を持つ岩手県のおよそ15分の1の割合を岩泉町が占めている。無論日本で最も大きな(面積の広い)町でもある。しかしその数に反比例するように人口は年々減少の途にある。

 先の大震災の際には沿岸の小本地区が甚大な被害を受けたが、それ以上に記憶に新しいのが去年の夏の台風被害だ。気象観測史上初の東北地方を海から直撃した台風で岩泉は小本川沿岸で壊滅的な被害を受け、老人ホームで9人の犠牲者が出た事故などが発生している。町の貴重な観光資源でもある龍泉洞も水没し、地底湖の水も濁って半年以上の閉洞を余儀なくされた。

 岩泉はその前にも台風で被害を受けている。2010年にも台風で土砂災害が発生しJR岩泉線が脱線事故を起こしている。この岩泉線は山田線の茂市から岩泉まで通っていた盲腸線だ。その後復旧もできずそのまま廃線となってしまった。廃線になるまでの経緯はいろいろとあるが最初の原因は土砂災害である。その当時岩泉線は日本で一番一日あたりの輸送人員が低かったということもあり、無理に復旧させたくないというJRの意向がそのまま通ってしまったのだろう。


 宿のある大川の集落にも岩手大川という駅があった。当然行ってみたところで列車はもう来ないのだが、廃線になっていなくても一日2~3本しか運行されていないのでお目にかかることはなかっただろう。


a0004070_22312933.jpg

◆岩手大川駅跡で
a0004070_22312898.jpg
◆岩手大川駅前

 度重なる災害や岩泉線の事を考えると岩泉という場所はなんとも明るい話に乏しいようにも感じるが、一方で震災後の小本地区の復興や龍泉洞の営業再開などなど、悪いままでもないこともわかる。とは言ってもこの岩手大川駅の跡を出て龍泉洞へ行くまでの間は至る所で道路工事が行われていて今だ去年の傷跡が残っていることもわかる。大川屋旅館の前の道路も旅館のすぐ先で道路は通行止めになっていた。


 小一時間ほどで龍泉洞に到着、去年の台風被害で3月まで閉洞していたのだがそんなことを感じられないくらい人出も多くて賑わっていた。


 ここはさすがにわんことは一緒には入れないが、入口にある事務所(入場券売り場の奥)でわんこを預かってくれるのでそこでお願いをして預かってもらうことに。

a0004070_22480118.jpg

◆ということでわんこは事務所でお留守番

a0004070_22553988.jpg
a0004070_22553944.jpg

◆龍泉洞のわき水飲み放題

 今年3月まで閉洞していたこともあって中はちょっと心配だったのだがそんなことはあまり感じさせないくらい神秘的な世界が広がっていた。


a0004070_22570471.jpg
a0004070_22570487.jpg
a0004070_22570559.jpg
a0004070_22570504.jpg

◆青い色は照明の色が青だから
a0004070_22570619.jpg
◆洞内がハートの形に見える場所がある

a0004070_22570647.jpg

◆地底湖

 洞内をどんどん進んでいくと最後は地底湖のある場所までたどり着くのだが、正直言って地底湖は確かに美しいがまだ水は通常時よりも濁っているかなと思った。龍泉洞の地底湖は世界一の透明度をバイカル湖と競い合うくらいのものなのだが、写真で見てもわかるがとても世界一とは思えない。まだまだ水が澄み切るには時間がかかるのではないだろうか。とは言っても十分に美しい。


 ゴールデンウィークということもあって洞内の順路は通常とは違っていたのだが、たいていの人はこの地底湖を目当てにやって来る。


 龍泉洞を出るとわんこを連れて記念撮影。


a0004070_23174006.jpg

◆まずは入口で記念撮影

a0004070_23174160.jpg
a0004070_23174193.jpg
a0004070_23174176.jpg
a0004070_23174081.jpg
◆いつの間にかこんなものができていた

 龍泉洞ではお土産も買ったが、ここで買っておいて本当に良かったと思うくらいこの後お土産屋とは縁がなかった。しかし龍泉洞に行って買ったお土産が大船渡名物「かもめの玉子」というのも変な話なのだが。龍泉洞を出る時点ですでにお昼になっていたので先を急ぐ。この日の宿は遠野、またシャレにならないほど遠い場所だ■


a0004070_18470803.jpg
【2017年5月4日(木)】

 三陸旅行二日目の宿は岩手県岩泉町だった。ここの大川屋旅館がわんこと一緒に泊まれるという情報を得て問い合わせてみたところOKだったので予約を入れた。楽天などの宿泊予約サイトにも載らない川釣りの宿だ。

 茂市から山の中を延々と走ること1時間半ほどで宿に到着。この宿のある大川という集落は町の中心部の岩泉からも離れていて本当に知る人ぞ知る場所である。宿のすぐ後ろには大川が流れ、夜に到着したときは川の流れる音ばかりが耳についた。ここで生まれた人はきっとこの川の流れる音を聞きながら育ったことだろう。

 宿に入るとまずは部屋に通される。トイレと風呂は共同ではあるが部屋は8畳間が二つの本当に贅沢な和室だった。

a0004070_18522484.jpg
◆大川屋旅館の和室

 わんちゃんは自由にさせていいですからと言われたが、さすがに粗相などをされると困るので必要最低限の事はしたが、宿の中も自由に歩かせてくださいと言われて逆に戸惑う。その自由さといったら去年暮れに止まった南紀白浜の「犬御殿」以上である。探せばまだこういった宿があるんだなと思った。それには事情もあった。

 夕食がすぐに用意されていて1階の居間に通されるが、想像以上にすごい料理でびっくり。さらにご飯は松茸ご飯だった。

a0004070_18522955.jpg
◆大川屋旅館の夕食

 山間の宿だけに山菜もあれば、さすがに三陸海岸にも面している岩泉だけのことあって新鮮なホヤの酢の物やカレイまで出てきた。さらにこの宿を定宿にしている釣り客の方のご厚意でヤマメの唐揚げまで出てきた。

 暗くなってからの到着だったので周囲は静かでお散歩にも出てみたが本当に人っ子ひとり見かけないほどの山村の集落だった。部屋から聞こえてくるのは川のせせらぎの音だけでそれが却って気にかかるくらいに静かなところだ。

 部屋でのんびりとしていたがママは疲れたのかわんこ共々さっさと寝てしまい。僕は僕で連休の特番なのだろうがNHKで星野源が生放送をやっていたのでそれに見入っていた。なんだか気分が和らいだところで就寝。

 この日の移動は多賀城を出て女川→南三陸(歌津)→気仙沼→陸前高田→大船渡→山田→茂市→岩泉とかなりの長距離移動だった。


後半はこちら
【2017年5月4日(木)】

  宮城と岩手の県境はあっという間に通過してしまった。唐桑峠というその道には以前は峠の茶屋などもあってああ越境するんだなという雰囲気があったのだが、長いトンネル一つ抜けるだけで峠越えの儀式みたいなものは何ひとつなくあっという間に岩手県に入ってしまった感じがした。

 トンネルを越えてしばらく坂を下るともう陸前高田に入ることは知っていたが、自分の知っている道を通った記憶がない。いつの間にやら知らない場所に入り込み、ここが陸前高田だと唐突に言われてしまったような感じがする。遠くにあの有名な「奇跡の一本松」が見える。

 陸前高田はご存知の通り、先の震災で甚大な被害を受けた場所だ。更地に盛り土をしてこれから土地の区画を新たにすることになっているのだが、何もかもが流されてしまった上に盛り土をして土地を高くしている為に元の面影なんてまったく感じられなかった。いつもこの町に入ると車を洗っていた洗車場も、通りにあったお店も美しかった松原もすべては夢だったのだと言わんがばかりにその姿を消していた。

 陸前高田は大学時代の友人の実家があり、何度となく訪ねた場所だ。そして必ず松原には立ち寄っていた。友人の実家も津波で流されてしまったが家族は全員無事だとは聞いていた。あんなに好きだった三陸をこれだけご無沙汰にしていたのは自分の好きだった思い出の場所が変わってしまった姿を見る覚悟ができなかったからだ。北海道をご無沙汰しているのとは全くわけが違う。

 ある程度の覚悟はして来たつもりだったが、現実はあまりにも想像を超えていて思わず目を背けたくなる風景が続いていた。この陸前高田の前、気仙沼でも同様の風景は見かけた。しかし陸前高田はこれまでとはレベルが違っていた。結局車を駐めて立ち寄ることもせずに先にある大船渡へと向かった。

 当初の予定では三陸海岸を北上し大船渡、釜石、山田、宮古の景勝地に寄りながら最終的には宿を押さえた岩泉へ行くことにしていたのだが、さすがに時間がなくて次がこの日最後の観光地となる。それは大船渡にある「穴通磯」である。

a0004070_22150096.jpg
◆名勝・穴通磯

 この穴通磯は僕が初めて住み込みバイトで三陸の宮古に行ったとき、陸前高田の友人が連れて行ってくれた場所だ。この時はこの穴通磯とこれまた有名な碁石海岸、なぜか「かもめの玉子」のさいとう製菓にまで連れて行ってくれた。今回は碁石海岸には行けなかったがこっちの穴通磯はどうしても譲れなかった。

a0004070_22150176.jpg
◆はたしてわんこはこれを見てどう思ったのだろう

a0004070_22150131.jpg
 震災で変わり果てた町がある一方。ほとんど変わらない景勝地があったりでそれらを見ては一喜一憂する。この日はとにかく運転疲れもあったがそれ以外にも色んな意味で疲れる一日だっただろう。

 この後大船渡から釜石へ、一部三陸道が開通しているのでそれを利用する。釜石の次は震災の時に町長まで津波の犠牲になった大槌へ。大槌には井上ひさしの小説で有名な「吉里吉里」という場所があり、こちらも高田松原同様行けば必ず立ち寄っていたのだがここもあまりに変わりすぎてしまい全く止まることなく通過した。

 大槌を通り過ぎると次は山田、こちらも町中はほとんど通過してしまった。降りるのが辛いということもあるが時間がないというのが最大の理由だった。山田の次は宮古に入るが、宮古市内の賑やかな場所に着く前に今度は国道106号線を盛岡方面へ、閉伊川沿いを西へと進み茂市という場所から今度は国道340号線に入る。かつて岩泉線というローカル線があったその線路沿いを岩泉に向かって走る。山間の集落はとうに日も暮れてだんだんと暗くなり心細くなるばかりだった。

 この日の宿は岩泉にある大川屋旅館という宿。岩泉からは結構離れていて去年大洪水で多数の犠牲者を出した小本川の支流、大川に近くにある宿。予定の時間を大幅に遅れて午後8時に到着した。この宿についてはまた次回と言うことで。

 今回の旅行では先にも書いたように被災地の変わり果てた姿にばかり気を取られていたのだが季節はちょうど山桜の時期でどこへ行っても満開の桜の木を目にすることができた。近所のソメイヨシノもいいものだが山中にぽっと色を添える山桜もいいものである■

a0004070_22150067.jpg
次回につづく

a0004070_23232695.jpg
【2017年5月4日(木)】

 女川を出て石巻まで戻ると再び三陸道に入ってさらに北上。この三陸道というのもかつてからの三陸地方の悲願でもあったのだが、震災をきっかけにぐっと現実化されていくように感じられた。仙台からまずは南三陸まで登米を通って開通している。津波の被災地として名が知られるようになった南三陸町はかつては志津川町、歌津町の二つの町だったが平成大合併の際に合併して南三陸町という名前となった。この合併前、まだ志津川と歌津の二つの町だったときに何度かここを通過している。志津川は南側、歌津は北側、そしてさらに北へ進むとかつては本吉町に入り、その後気仙沼市に入るのだが、本吉は気仙沼に編入されてしまいいきなり南三陸の北は気仙沼である。

 三陸道の終点はこの志津川の北端あたりで国道に出てちょっと走れば旧歌津町だ。ここから一般道の国道45号線に入る。

 しばらく国道を走っていると左手にJリーグの旗がたなびいている場所があり、よく見ると人がたくさん集まっていた。イベントか道の駅だろうと思ってちょっと立ち寄って休憩することに。

 その場所は歌津駅(現在はBRTで営業している)のすぐ横にあるハマーレ歌津という新しくできた商業施設だった。特に道の駅ではないのだがせっかくなので休憩をして小腹も空いてきたので何か食べることに。

a0004070_23232761.jpg
◆ゴールデンウィーク直前にオープンしたハマーレ歌津

 この商業施設、テレビか何かで見たばかりだった事もあり、まさかそんな場所にやって来るとは思ってもいなかった。連休ということもありイベントも行われていてとにかく大勢の人がやって来ていた。ここで軽く食事をすることに。

a0004070_23232930.jpg
◆ハマーレ歌津で海鮮丼

a0004070_23232720.jpg
◆わんこもかわいがってもらいました

 食事をして適当に体を休めると先はまだ長いのでハマーレ歌津を後にした。こうして復興は着実に進んでいるなと実感をした。
a0004070_23232895.jpg
◆歌津から西表島まで流れたポスト


 次なる目的地は気仙沼。気仙沼にはかつて「とうちゃん」という名前のホームセンターがあり、そのすぐ横には「かあちゃん」という食堂があった。これが今でもあるのか気になりまずは町に入って探してみることに。

 道路は旧本吉から気仙沼に入るところで渋滞が始まり思いの外気仙沼に入るのに時間がかかってしまったが目的の「とうちゃん」は見つけることができた。と言っても本当にこの場所だったかなと疑問を感じてしまった。そして「かあちゃん」は見つけることができなかった。

 その代わりと言っては何だがその近くには「さかなの駅」という海鮮即売施設があったのでここでお昼をと思って立ち寄ってみた。

 しかしこの「さかなの駅」は言うなれば魚屋さんが集まっているだけのもので、釧路の和庄市場のようにご飯を買って市場で新鮮なネタを買って食べるという場所ではなかった。施設の人にこの近くのお店を紹介してもらったが大抵の店は2時半で一度店が閉まり、どこも悉く当てが外れてしまった。仕方がないので再びさかなの駅の中にある魚屋で出来合のお寿司を買って食べることに。

a0004070_23232811.jpg
◆さかなの駅で買ったお寿司、魚屋のお寿司だけあってネタは新鮮

 ああ、ここでまた贅沢をしてしまったとは思ったが、このお寿司は本当に美味しかった。回転寿司などは到底太刀打ちできないくらいにお寿司が楽しめた。

 三陸に来て海の幸を楽しまない手はない。多少贅沢ではあるがここでしか楽しめないものは積極的に楽しもうと決めてここまでやって来た。もしかしたらそんな贅沢の一部が復興の手助けにもなるかも知れない。

 南三陸から国道を北上し始めてから津波の爪痕を至るところで見るようになってきて、いよいよ三陸にやって来たんだというリアリティを感じるようになったが、時にあまりに変わりすぎて愕然としてしまう場所も多かった。特に気仙沼を出て唐桑峠を越えるとそれがハッキリとするようになって来るのだった■
次回につづく



 


a0004070_14504603.jpg

【2017年5月4日(木)】

  多賀城のホテルをチェックアウトしてこの日からいよいよ本格的に三陸旅行が始まる。まずは三陸道に入る前に給油。以前も書いたがディーゼルは軽油の値段が場所毎、スタンド毎で違いがありすぎて一つ隣のスタンドとはリッターあたり10円も違いがあるなんてことは珍しくない。そんな中でもここは結構安いと思う場所で給油をする。

 三陸道に入るとまずは矢本PAというこれまた質素なPAで休憩。最初の目的地は女川である。いきなり石巻はすっ飛ばして女川だ。

 宮城県在住の方なら場所の名前、位置はご存じだろうがそうでない方もいると思うので簡単に書くと仙台のちょい脇に多賀城、そこから海沿いを東に向かうとすぐに塩竃に入る。その先が石巻。石巻はこれまでに何度となく足を運んでいるが大きな町だ。そしてその石巻からさらに東に行くと女川がある。そして女川の先は牡鹿半島、金華山という観光地が有名だ。

 かつて牡鹿半島にも足を伸ばしたことがあるのでその手前の女川にも立ち寄ってはいるのだが何せ石巻と違ってあまり記憶がなく、さらに先の大震災で壊滅的な被害を被りすでに僕がかすかに覚えている女川の面影は全く残っていない。石巻まで三陸道で行き、そこから先は一般道で女川に向かう。

a0004070_14504671.jpg
◆女川駅前にて

 まずは女川の駅を目指して車を走らせる。駅の裏手には大きな駐車場があり、そこに車を駐めて駅前だけではあるが散策を開始。

a0004070_14504702.jpg
◆駅前にシーパルピア

 新しくなった女川駅からまっすぐ湊にむかってシーパルピアという商店街があり、連休と言うこともあって適当に人で賑わっていた。両脇にはいろんな商店がお土産なども含めていろいろと売っていたがわんこ連れだとなかなか店の中にまで入れない。ということで雰囲気だけ歩いて感じ取る。

 シーパルピアが終わるあたりにある海鮮専門の店では試食のコーナーがあり、そこには取れたてでまだ殻がついているホヤやツブなどもたべられたのだが、これがまたとにかく美味しい。買って帰れるものなら買っていきたいくらいに美味しかった。さすがにここまで来ると海の幸には自信があるのだろう。

a0004070_14504707.jpg
◆なにかおやつにありつけるかもと期待してます

 ここでお散歩中だったポメ連れの方とお話をした。名前は諭吉くんといってかなり大きなポメ。パパさんが言うには津波で何もかも流されそうになったときにこの諭吉くんだけは離さなかったらしい。生き延びた諭吉くんがいてくれたのですべてを失っても生きていくことができたというお話を聞いた。女川に来て震災のことなど無視はできないが、こんなお話を聞くことができたのは運の良いことだと思っている。わんこを連れて旅をすると知らない土地でもわんこを通じて地元の人とふれ合うことができるなと実感した。

a0004070_14504809.jpg
◆諭吉くん(一番左)と我が家のわんこ

 この先の予定もまだまだあるし、何よりもこの一日で岩手の岩泉まで行かねばならないこともあってあまり女川ではのんびりもできなかったのだが、せめて駅前にある足湯でちょっと休んでお土産のひとつでも(ホヤは買えないから)買っていこうと思った。

a0004070_14504885.jpg
◆駅前には足湯もある

 もとより女川の記憶はそれほどない上に、思っていたとおりすっかり変わって新しくなってしまった町を見て、自分の中にあるかつての女川の姿がさらに薄れて今の色濃くて新しい女川の姿が上書きされていった。

 もう一つ女川については書きたいことが個人的にはあるのだが、それは旅行記とは遠くかけ離れてしまうものなので書かないでおく。

 女川を去ると再び石巻まで戻り、三陸道をさらに北上した。今日の目的地は岩手北部の岩泉、まだまだ先は長かった■
次回につづく

a0004070_11005609.jpg
【2016年5月3日(水)】

 午後4時過ぎに笠間を出発するとそのまま友部ICから北関東道に乗り、その先の友部JCTで普通なら東京方面へ行くところをいわき方面へと道を選びそのまま常磐自動車道を北上。

 常磐道を使うのは以前にコキアを見にひたち海浜公園へ行った以来で、そのまま越境するとなると本当に20年近くも昔の話になる。その頃の自分はどこへ行くにも高速道路を使わなかったのでいわき方面に常磐道で行くとなると初めてではないがいつが最後だったか思い出せない。

 先の震災で常磐道はずっと一部不通の状態が続いていたが最近になってようやく全線開通して仙台方面へのルートが二つになった。今回はこの常磐道の再生した区間を通って仙台へと向かう。

 二車線の道路はいわきを通過していわき四倉あたりから一車線になる。常々一車線高速道路の意味を考えるのだがこの常磐道に限って言えば一車線でも通れるようになって本当に良かったと思っている。(他の場所は早く二車線にしてほしい。特に四国)

 ここから先にまずはPAがひとつある。ならはPAだ。こぢんまりとした作りのPAは僕が最も好む本当にトイレと自販機だけのシンプルで静かなPAだ。ところがここにはモニタリングポストが設置されている。これを見るとああこの場所はまだこれが必要な場所なんだなと痛感する。因みにこの場所の数字は0.1μ㏜だったが、場所によっては4μ㏜にまで数値が上がる場所もある。

 そしてこのならはPAを出発すると異様な光景が目の前に現れてくる。まず一車線であることはこの先も変わらない。時々二車線になって遅い車は後続車をやり過ごすことができるが、風景はどこまで進んでも山の中。時間は6時を過ぎて薄暗くなってくるが、人家が見えても灯りはついていない。道路の街灯が整然と等間隔に灯っているだけで、集落が見えても灯りがない。こんな風景が延々と続いている。山をかき分けて次の集落が見えてもまた同じだ。この当たりは人が住んでいない帰宅困難地域なのか、それとも別の事情でたまたま家に灯りがついていないのかはわからない。やがて日も落ちて暗くなると山の中に道の筋を辿るように灯りが点在しているのが見える。生活の気配はもはやそこにはない。

 先の震災以降初めて東北に足を向けるということもあってこのような風景には慣れておらず、いちいち目にしてはあれこれと考えることがあるのだが、最初からこれを見てしまうとこの先が心配にもなる。

 ならはPAを出発して50キロほど走ると次の南相馬のSAが見えて来るが、とても立ち寄ろうとは思えなかった。できたらこのまま止まらずに仙台へ行きたい気分だった。

 こうして何かから逃げるように仙台を目指し、途中から三陸道に入ってすぐのところで高速道を降りる。夜なのでどこをどう降りて、周囲はどんな感じなのかはよくつかめなかったがそこは仙台のすぐ隣にある多賀城。この日の宿はこの多賀城市内にある比較的老舗でわんこも泊まれる小野屋ホテルを押さえておいた。

 ホテルにチェックインすると夕食がまだだったので荷物を置いて夕食を食べることに。仙台に向かう途中から目星をつけていたお店へ向かうも、途中は真っ暗で不気味な工業地帯らしき場所を通り本当にここでいいのか戸惑う。

a0004070_11005531.jpg
◆初日の夕飯はここで牛タン

 仙台といえば自動記述のように牛タンというキーワードが頭に浮かぶ。それがいつの頃からなのかはわからないが、仙台と言えば牛タン。盛岡と言えば冷麺なのだ。ということでせっかくなら本場の牛タン食べようと向かったのが同じ多賀城市にある「たんや善治郎」である。ここでわんこにはもうしわけないが車で留守番をしてもらい初日から贅沢をした。
a0004070_11005611.jpg
◆定食についてくるコムタンスープ(牛テールのスープ)


a0004070_11005515.jpg
◆こちらは牛タン煮、これも定食についてくる
a0004070_11005534.jpg
◆牛タンユッケ風

上の写真はユックではなくユッケ風にもられているだけで味付けは大和煮みたいだった。見た目は美味しそう。

a0004070_11012453.jpg
◆牛タン、牛タンつみれ、牛タンソーセージ

写真はメインの牛タンづくし。正直言って牛タンってのは焼肉屋で見るようなペラッペラのあれかとばかり思っていたので思っていたのでこれには正直違うものがやってきたのかと思った。いや、これが本物なんだな。それと焼肉屋の牛タンはあれはあれで火が通りやすいようにわざと薄く切ってあるのだろうと思った。

すっかり牛タンを堪能して宿に帰るとわんこを連れて夜のお散歩に出かけたが駐屯地が近いのか就寝の合図らしきラッパがどこからか聞こえてきた

5月3日、自宅から笠間経由、多賀城まで移動■
次回につづく



a0004070_21145354.jpg
【2017年5月3日(水)】

 今年のゴールデンウィークの後半、まずは毎年恒例になっている茨城は笠間の陶炎祭(ひまつり)に行くことにした。これまでと違うのはゴールデンウィーク後半になったことだ。これまでは前半の早いうちに出かけていた。

 しかしやっぱり陶炎祭はゴールデンウィークの前半に行くべきだと今回痛いほど知らされた。と言うのも道路が大渋滞。笠間へは常磐道を使っていくが、その常磐道は首都高の小菅あたりから渋滞。それもその渋滞がつくばまで続いていたのだからやってられない。途中どうしてもトイレに生きたくてPAに立ち寄るもまず車が中には入れない。駐める場所もない。さらにトイレは長蛇の列だ。こんな目に遭うくらいなら家でのんびりわんこと遊んでいたほうがまだマシ。

 去年は朝5時過ぎに家を出て陶炎祭会場に着いたのが7時半くらい。今年は同じ時間に出発しておきながら到着したのは12時だった。無駄で苦痛の時間を強いられてようやく到着。

a0004070_21532919.jpg
◆これも毎回のお約束

 今回はこれを買うという目星をつけていたのでいつものようにあちこち見て回って気に入ったものを買うという楽しみもなかったし、さらに陶炎祭も終盤と言うこともあって手軽に使えそうなものがなかなか見つからなかった。やっぱりいいものは早々に売れていくのだろう。…

a0004070_21590418.jpg
◆本当に大勢の人にかわいがってもらいました

a0004070_21590364.jpg
◆お目当ての品はなかなか見つからない
a0004070_21590310.jpg
◆笠間焼ガチャガチャでブローチをゲット

 もう一つ気になったこと。これは個人的感想でしかないのだが。僕が笠間焼に感じる魅力はモノトーンで土らしい肌触り、驚くほどの軽さなのだが、今年は絵皿や柄物が多く見られた。その方が売れるのだろうけどそれではなんとも他の益子焼や有田焼との差別化ができていないような気がする。
a0004070_21590282.jpg
◆食器だけが笠間焼でなはい

a0004070_22092545.jpg
◆食べ物はあってもお洋服はありません

 この日は陶炎祭だけが目的でなく、次なる目的地があったので去りがたい気持ちはあっても早々に出発しなければならなかった。そしてこの陶炎祭はこのゴールデンウィークの序章のようなものでもあった。

a0004070_22092454.jpg
◆ということで一路北上して仙台へ

 と言っても出発は予定よりもかなり遅くなってしまったのだが…

次回につづく


a0004070_22440621.jpg
【2017年1月3日(火)】

  世の中ではもうすでに3月に入り卒業のシーズンを迎える中、こちらは正月旅行の最終回。明けて1月3日は三河安城を出発して帰路に入るが、そのまままっすぐ帰るなんて事はもちろんしない。この日は二件のご挨拶回りがあったのだ。

 宿を出ると目の前が三河安城駅なので記念撮影を。それにしても正月の三河安城駅周辺は人通りもまばらで寒々しい。

a0004070_22552867.jpg
◆安月給はウソじゃありません

a0004070_22552884.jpg
a0004070_22552799.jpg
 安城というところは初めてなのでせっかくならどこか見ておこうかとも考え調べてみたが、めぼしいところと言うと新美南吉の下宿先なんてものくらいだったので早々に出発。

 新美南吉というと誰もが子供の頃に読んだであろう「ごん狐」や「手袋を買いに」の作者でもある。安城はこの南吉ゆかりの地なのだが出身地は半田なので安城は下宿先なだけだ(南吉は安城で教師をしていた)。

 車に乗り込むと早々に愛知県を脱出し東名高速で三ヶ日へ。次の目的地はラリーズカンパニーだった。

a0004070_23033721.jpg
◆たくさんおやつを買いました

 ラリカンへは去年もお年始のご挨拶に行っているのだが、今年もまたご挨拶へ。正月からマダムに顔を見せたいという気持ちがあり、ご挨拶して今年もよろしくとあれこれ話をしてお土産におやつを買って帰る。

 今回はラリカンだけでなく向かいにあるペンション、クッチェッタの下にある湖畔の道も散歩をした。

a0004070_18161586.jpg
◆正月とは思えぬ暖かさでした

a0004070_18161527.jpg
◆その「おやつ生活」が謎

a0004070_18161532.jpg
◆この後の事もわかっている様子

a0004070_23033833.jpg
◆パルパルが対岸に見える

a0004070_23033758.jpg
◆この写真がちょっと気に入っている

a0004070_18201674.jpg
◆次の目的地は…

 こうしてのんびりゆっくりと湖畔の散歩を楽しむと次の目的地へと移動。それは対岸にあるらーめんカフェワコーだ。ラリカンかららーカフェまでは東名高速を使えばものの20分程で行けると思うが、いつもは浜名湖の外周を走るルートを選んでいる。こっちの方がゆっくりとドライブが楽しめるからだ。

 次の目的地の舘山寺温泉に着くとまずはらーカフェに入る前に舘山寺と隣の愛宕神社にお参りをする。舘山寺についての詳細は書いたことがなかったので書くと、9世紀に弘法大師が開基し後に戦火などで宝物を失うも明治までは寺として続いたが神仏分離により一時期廃寺になった経緯もある。その後曹洞宗の寺として復興し今に至る。境内には弘法手掘りの祠もあり「穴大師」として今でも訪れる人が多い。

 一方の愛宕神社は舘山寺よりも古く8世紀に鎮座、以後この地に神社としてずっと在り続けている。両者にどんな関係があるのかはわからないが勝手な想像をしてここに書くのも恥さらすだけだと思うので控えるが、関係が全くないとは思えない。両者ともに今では縁結びの御利益があると言われているがそんな御利益10世紀以上も昔から信じられていたとも思えないし。

a0004070_18475227.jpg
◆曹洞宗舘山寺 もしかしたら我が家が一番行くお寺かも知れない

 舘山寺は初詣以外にもらーカフェの都合で車が駐められないときなどにも行くことがある。四国巡礼がライフワークとはいえ同じ寺に頻繁に行くということもないし、毎年川崎大師にはお参りに行くがそれも年に1度のこと。となると我が家が最も足を運んでいる寺は実は墓参で行く寺以外で言えばこの舘山寺だったということになる。

a0004070_18475106.jpg
◆行き先が違っていてちょっと不満そうなわんこ共

 この舘山寺、ちょっと失礼なことを言ってしまいそうだがお堂の前は狭く、大勢の人が押し寄せて来たらそれこそ階段の下まですぐに人があふれてしまいそうだ(境内が狭いのではないのでお間違いなきよう)が、正月でもそれほど窮屈さを感じない程度の人出でこういった面でも川崎大師や鶴岡八幡宮の殺人的初詣ラッシュでヘトヘトになることもなく、落ち着いてのんびりとお参りができるのがありがたい。

 お参りを済ませるとらーカフェへ。この日は麺食い大会を夜に行ったので写真はなし。(麺食いの写真は昼間でないと撮れない)

a0004070_20042209.jpg
◆らーカフェにて

 こうして小旅行二日目のあいさつ回りは無事に終了してあとはそのまま帰路についた。

 もうこの正月旅行からすでに2ヶ月が過ぎようとしている。その間にもらーカフェには行ったし、他にもいろんな場所にも行ったがそれをこのブログに記録するのはちょっともうできそうにもない。ブログも続ける気力がないし。またしばらくの間は休業になりそうだ■

a0004070_16190503.jpg
【2017年1月2日(月)】

 今年最初の旅行は恒例の「あいさつ回り」が目的の旅行だったが前日に三河安城の宿をとっていたのでそれではとちょっと場所は離れているが犬山のリトルワールドへ出かけてみた。ここは広い敷地の中に様々な国の建物が建っているという「野外博物館」なのだが、博物館といったお堅い印象はなくてゆっくりのんびり歩いて楽しめるテーマパークである。

 ここで冬の間各国のスープが飲めるイベントがあったが、いつしかスープ飲み比べ大会になりつつあった。前回までに飲んだスープは…

 ◆ミーフェンタン(台湾)
 ◆オポールアヤム(インドネシア)
 ◆ミトネ・オーレ(おフランス)
 ◆ムルガスープ(インド)

 この4杯。これまでの中では個人的にはオポールアヤムが一番美味しかったかな。

 さて、ムルガスープのためにだいぶ時間を無駄にしてしまったのでこの後はやや急ぎ足で見ることになる。次なるエリアはトルコ、待ってました。ここに一番行ってみたかった。

 トルコの建物はこれまでの民家やお屋敷と違って修道院というのか、学校。そしてなんとお土産屋の名前が「ラーレ」だったのにはビックリを通り越してちょっと感激した。

a0004070_16464455.jpg
◆トルコのお土産屋は「ラーレ」

 ここでは本格的に昼ご飯を食べようと言うことでお目当てのスープの他に僕はピザを、ママはケバブを追加でたのんだ。

a0004070_16481932.jpg
◆トルコのハシュラマ

 ハシュラマはトルコの家庭料理なのだが、このスープはいまひとつトルコだぁという味はしなかった。ハシュラマの話はまたいつかということで。僕がたのんだピザは笹の葉のような形をしたかなり大きなもの。ママのケバブは日本の屋台でもよく見られるスタイルで、僕はこれを「日本ケバブ」と勝手に呼んでいる。

 そもそも包みやすいようにするためにピタパンなどトルコでは使わないし、ケバブの屋台なんてものもそんなにないだろう。テイクアウトができてもちゃんとしたお店で作る。

 ここからはさらに書き加えるが(興味なかったら先へ進んでください)、そもそもケバブとは言っても正しい呼び方はドネル・ケバブだ。そしてドネルというのが(回す)という意味。これは肉を縦置きにして回転させながら焼くロティサリーという機械で回すから。そして一番衝撃的だと思うのはケバブ、こちらは羊の肉という意味だ。なので本当なら肉は羊でなければならない。
a0004070_17025660.jpg
◆わんこの視線が痛い

 さらにピタパンを使うスタイルはトルコ式ではない。トルコではエクメックという幅広のバケットを使う。エクメックは食感としてはバケットのような外見で中は少ししっとりとしている。ここにレタスなどの野菜と一緒にロティサリーで焼いた羊肉を挟んで食べるのが本当のドネル・ケバブだ。日本では羊肉はあまり好まれないので肉は鶏肉が多い。トルコでもロティサリーで鶏肉を焼いて作る同じような食べ物があるが、それはドネル・タヴクと言う。と言う事で我々が日頃から屋台でケバブケバブと言いながら食べているものは実はドネル・タヴクだ。
a0004070_17025730.jpg
◆威圧されて黙り込むわんこ

 まあ、そんなことはどうでもいいのだが、ここまで来たらもしかしたら本物のドネル・ケバブが食べられるかなとちょっと期待していたのだがやっぱり食べられなかった。

a0004070_17025767.jpg
◆この雰囲気がトルコらしい

 うちのわんこ達の名前がトルコ語と言うのは以前も書いたことで、チャイが国民的飲料の紅茶のこと、エルマはりんご、そしてラーレはチューリップ。特にラーレは日本で言うところの「さくら」とほぼ同じで女の子の名前としても使われている。そしてわんこ達にはトルコにもお友達がいる。

わんこ達の言っているシーラちゃんはイスタンブールにいるポメで、時々シーラママと僕はインスタグラムを通し英語やトルコ語で話をしている。三頭とも名前がトルコ語なのでシーラママも我が家の三頭のファンなのだ。トルコ語の名前は先の紀州旅行の時に串本で会ったトルコ人が名前をすぐに覚えてくれてさらにサービスまでしてくれたのを思い出す。トルコ人からしてみれば自分の国の言葉を名前に使ってくれて嬉しいのだろう。外国のわんこに日本語の名前がついていたりするとそれだけでも覚えてしまうのと同じ事だろう。

 逆に外国にいる柴犬に「アーノルド」なんて名前がついているとそりやどう見てもポチがゴン太だろうと思っちゃうものだが。

 さて、食事を終えるとすでに閉園前一時間を切っており、ここから先はだいぶ急がなければならなかった。トルコを出ると次はタイ。しかしここではスープは食べられず。記念撮影をするだけ。

 そしてタイの先には比較的馴染みはある韓国。韓国農家と両班の家(日本で言うところの庄屋みたいなものかな)があった。ここも韓国のイナカにいくとごく当たり前にある姿がそのまま再現されている。リトルワールドの芸の細かさにはとにかく驚く。

a0004070_17151284.jpg
◆韓国の時代劇にでも出てきそうな農家

 そして韓国ゾーンのお土産屋で今日6杯目のスープ、「ユッケジャン」を食べる。しかしユッケジャンってこんなだっけなと思うようなスープだった。コンナムルという豆付きもやしがたっぷり入っていて肝心の牛肉はそれほどでもなかった。けどまあ値段を考えれば文句も言えない。

 韓国ゾーンを出るといよいよ最後は日本の山形、ここのスープは芋汁だったのだが最早時間もなくてここは断念。しかしとても感じの良い茅葺き屋根の家だったので
a0004070_17151371.jpg
◆日本、山形の農家
a0004070_17151377.jpg
◆やっぱり日本家屋はホッとするね

 山形の農家を見終わると昼前に出発した沖縄の民家の前まで戻ってきた。歩くといったいどのくらいの距離なのだろう、とにかく歩いて色んなものを見て食べてと十分に楽しめた。

 リトルワールドを出発したのはすでに暗くなってから。途中で渋滞にも巻き込まれながらもなんとか高速や自動車道をつないで三河安城にある宿に到着。

 三河安城の宿はドーミーExpressで、ここは掛川とは違ってわんこ専用のフロアはあるが各部屋毎に駐車場があるわけではない。というかここには専用駐車場がほとんど無く隣にある立体に駐めるしかないので荷物の積みおろしにはちょっと手間がかかる。夕食は近場でラーメンを食べたがあまりにも不味くて新年早々から凹む。

 宿も夜の9時から「夜鳴きそば」というラーメンのサービスがあったが、こっちの方が従業員の気持ちがこもっている分美味しく感じられた。

 さてもう一度リトルワールドの話に戻るが、リトルワールドでは年に2度ほど大規模なポメオフが開催される。オフ会には関心ないが場所には関心があった。そして一日遊んでわかったがやっぱりここはオフ会などで他の人達に気を使って移動をするよりも自分の見たいものや食べたいものをゆっくりと楽しむ「自律的な行動」が楽しむコツじゃないだろうか。他律的に移動していつも誰かと一緒だとリトルワールドという場所は楽しめない。

 そんなわけで次はいつ行くかわからないができたらオフ会は避けたいし、オフ会で行くとしても非常に自律的に行動する事だと思う(特に今回スルーしちゃったイタリアなども見たいし)。

 次回三河安城を出発していよいよ今回の旅の目的でもある「あいさつ回り」が始まる■