岩泉2

【2017年5月5日(金)】

 二日目の宿があった岩泉町は岩手県の中東部に位置する。平坦な農耕地はほとんどなく町の領域の大半は山地で主な産業は林業と観光業だ。岩手県ということもあって同じ県内の平泉と間違われやすい

岩泉は広大な面積を誇り、日本の都府県では最も大きな面積を持つ岩手県のおよそ15分の1の割合を岩泉町が占めている。無論日本で最も大きな(面積の広い)町でもある。しかしその数に反比例するように人口は年々減少の途にある。

 先の大震災の際には沿岸の小本地区が甚大な被害を受けたが、それ以上に記憶に新しいのが去年の夏の台風被害だ。気象観測史上初の東北地方を海から直撃した台風で岩泉は小本川沿岸で壊滅的な被害を受け、老人ホームで9人の犠牲者が出た事故などが発生している。町の貴重な観光資源でもある龍泉洞も水没し、地底湖の水も濁って半年以上の閉洞を余儀なくされた。

 岩泉はその前にも台風で被害を受けている。2010年にも台風で土砂災害が発生しJR岩泉線が脱線事故を起こしている。この岩泉線は山田線の茂市から岩泉まで通っていた盲腸線だ。その後復旧もできずそのまま廃線となってしまった。廃線になるまでの経緯はいろいろとあるが最初の原因は土砂災害である。その当時岩泉線は日本で一番一日あたりの輸送人員が低かったということもあり、無理に復旧させたくないというJRの意向がそのまま通ってしまったのだろう。


 宿のある大川の集落にも岩手大川という駅があった。当然行ってみたところで列車はもう来ないのだが、廃線になっていなくても一日2~3本しか運行されていないのでお目にかかることはなかっただろう。


a0004070_22312933.jpg

◆岩手大川駅跡で
a0004070_22312898.jpg
◆岩手大川駅前

 度重なる災害や岩泉線の事を考えると岩泉という場所はなんとも明るい話に乏しいようにも感じるが、一方で震災後の小本地区の復興や龍泉洞の営業再開などなど、悪いままでもないこともわかる。とは言ってもこの岩手大川駅の跡を出て龍泉洞へ行くまでの間は至る所で道路工事が行われていて今だ去年の傷跡が残っていることもわかる。大川屋旅館の前の道路も旅館のすぐ先で道路は通行止めになっていた。


 小一時間ほどで龍泉洞に到着、去年の台風被害で3月まで閉洞していたのだがそんなことを感じられないくらい人出も多くて賑わっていた。


 ここはさすがにわんことは一緒には入れないが、入口にある事務所(入場券売り場の奥)でわんこを預かってくれるのでそこでお願いをして預かってもらうことに。

a0004070_22480118.jpg

◆ということでわんこは事務所でお留守番

a0004070_22553988.jpg
a0004070_22553944.jpg

◆龍泉洞のわき水飲み放題

 今年3月まで閉洞していたこともあって中はちょっと心配だったのだがそんなことはあまり感じさせないくらい神秘的な世界が広がっていた。


a0004070_22570471.jpg
a0004070_22570487.jpg
a0004070_22570559.jpg
a0004070_22570504.jpg

◆青い色は照明の色が青だから
a0004070_22570619.jpg
◆洞内がハートの形に見える場所がある

a0004070_22570647.jpg

◆地底湖

 洞内をどんどん進んでいくと最後は地底湖のある場所までたどり着くのだが、正直言って地底湖は確かに美しいがまだ水は通常時よりも濁っているかなと思った。龍泉洞の地底湖は世界一の透明度をバイカル湖と競い合うくらいのものなのだが、写真で見てもわかるがとても世界一とは思えない。まだまだ水が澄み切るには時間がかかるのではないだろうか。とは言っても十分に美しい。


 ゴールデンウィークということもあって洞内の順路は通常とは違っていたのだが、たいていの人はこの地底湖を目当てにやって来る。


 龍泉洞を出るとわんこを連れて記念撮影。


a0004070_23174006.jpg

◆まずは入口で記念撮影

a0004070_23174160.jpg
a0004070_23174193.jpg
a0004070_23174176.jpg
a0004070_23174081.jpg
◆いつの間にかこんなものができていた

 龍泉洞ではお土産も買ったが、ここで買っておいて本当に良かったと思うくらいこの後お土産屋とは縁がなかった。しかし龍泉洞に行って買ったお土産が大船渡名物「かもめの玉子」というのも変な話なのだが。龍泉洞を出る時点ですでにお昼になっていたので先を急ぐ。この日の宿は遠野、またシャレにならないほど遠い場所だ■


by fibich | 2017-05-18 23:27 | わんこといっしょ | Comments(0)