小名浜〜帰路

a0004070_22155186.jpg
【2017年5月6日(土)】

 遠野からの帰路は正直遅すぎた。陸前高田まで出るとそのあとは三陸海岸沿いを降った。気仙沼では遅めの昼食(本当は遠野で食べたひっつみが昼食なのだろうが)を一昨日も立ち寄った「さかなの駅」で食べ、その後ホームセンターに寄って渋滞に巻き込まれた時のためのDVDなどを買った。(小津安二郎の「麦秋」) 三陸自動車道の途中にある三滝堂PAで休憩をしていた時についに日が暮れてしまった。

 運転をしながら助手席のママがわんこと泊まれる宿をこの時から検索していた。一番決定的だったのは普段お世話になっているドーミーイン(普段は掛川だ)の郡山がわんこ可でありながら三頭は受け入れられないと無碍に断れれてしまったあたりでどっと疲れが出てしまったことだろう。同じように三頭は受け入れていない掛川は小型犬でサークル持参という話をすると受け入れてもらえるのにどうして郡山はダメなのだろう。

 ということで三滝堂で休憩をとりながらいろんなサイトを参照して検索。その時思ったのが割とわんこ受け入れ可の宿はあるということだった。しかし電話を入れても出てこないケースが多くて宿探しは難航。最後に決まった宿へと急ぐことにした。後で考えてみるとあの時数件の宿に電話をしたら、出てこない以外に満室という理由で断れられることがなかったのは不思議だ。それとその時に見つけたサイトが
何だったのか今となっては思い出せないのが残念。

a0004070_22155701.jpg
◆ということで最後の宿は小名浜でした

 宿については何も言うまい。と言うくらいの宿だった。急場をしのげただけでもありがたい。写真は宿の目の前にある中之作漁港で撮ったものだ。当然食事もないので早々にチェックアウトをすると宿の人にオススメの食堂を教えてもらい早速そこへ行くことに。場所は小名浜港。この道路向かいにある「市馬食堂」を勧められた。行ってみるといかにも観光地のレストランって感じだったのだがそこには海鮮丼があったので迷わず注文。

a0004070_22431529.jpg
◆市馬食堂の海鮮丼をいやらしく紹介します

 写真を見てもわかるようにこれは最早刺身定食の刺身をそのままご飯の上に乗っけただけだろうと言う贅沢さ。海鮮丼といえばそのままわさび醤油をかけて食べたいところだがこれにはそんなものは通用しない。お刺身を食べる要領で食べた。これで2000円以下なのだからコスパは良いだろう。

 朝食を食べて満足するとすぐに帰ってしまうには忍びないと言うことで、元来た道を戻って塩屋埼へ向かう。ところが塩屋埼灯台はわんこ連れ禁止ということでしょうがないので近くの砂浜で遊ぶことに。

a0004070_23054405.jpg
a0004070_23054534.jpg
a0004070_23054552.jpg
a0004070_23063736.jpg
◆砂浜ではよく見かける風景

a0004070_23102200.jpg
◆三頭とも嬉しそう
a0004070_23111071.jpg
a0004070_23113232.jpg
a0004070_23113717.jpg
◆チャイ、イキイキしてます

a0004070_23124649.jpg
a0004070_23124711.jpg
a0004070_23124840.jpg
 結局昼ごろまで砂浜で遊び、そこからはただの帰路でしかない。勿来から常磐道に入り後はひたすら南下、4時過ぎごろに家に着いた。このゴールデンウイークはどこにも出ないだろうと思っていたが、やっぱり重い腰を上げても出かけてみるものだなと思った。その後のことだが疲れは人間だけでなくわんこにも影響を及ぼし、週明けまずはチャイが、続いてラーレ、エルマの順で下痢になってしまった。特にウィルス性のものではないと獣医からも診断が下りたので疲れが祟ったのかなとは思う。

 たった数日で数百キロも移動をし、いろんな場所に行きいろんな人と出会いいろんな物を食べて振り返れば贅沢をしたと思っているが、その分楽しい思い出が残った事と、多少無理をしても被災地で出費をしたことは間接的とはいえ復興の支援にもなったと思えばそれはそれで良かったと思う◾️

by fibich | 2017-07-01 23:18 | わんこといっしょ | Comments(0)