遠野

a0004070_19490519.jpg
【2017年5月4・5日(木・金)】

 夕方に宮古を出発して遠野を目指した。と言っても宮古と遠野は同じ岩手県というだけで全く近くはない。まずは国道45号線を南下して山田・大槌・釜石へと走り、そこから花巻方面に向かって走る。いうのは簡単だが長い道のりだ。釜石からは国道283号線に入る。これはかつて仙人峠越えと言われていた場所だが、いつしか仙人峠には長いトンネルが開通していてこれがまたまっすぐ過ぎて眠たくなる。というかとにかく危険を感じるくらいに眠くなる場所だった。

 こうして夜も8時過ぎくらいになってようやく遠野に到着。まっすぐ宿に向かいすぐに夕食をとる。なんでも遠野はジンギスカンが名物らしく(そんなのは初めて知った)夕飯も贅沢にジンギスカンだった。

 遠野での宿は楽天トラブルでたまたま空きのあった宿。GWを直前にして空いている宿を見つけるのでさえも苦労するのにわんこと一緒に泊まれる宿を探すのは至難の技だ。本当に運良く宿が見つかったと言ってもいいだろう。名前は福山荘というちょっと古めの宿で、わんこと泊まれる部屋は一つだけ。バス・トイレは共用と今時流行らないスタイルだが我が家はこう言った宿でもあまり文句は言わない。泊めてもらえるだけでもありがたいからだ。

 夕食の後わんこを連れて夜の散歩で駅まで歩いてみたが、すでに最終列車は出て行った後のようでしんと静まり返っていた。この遠野という場所はとても言葉では言い表せない雰囲気がはっきりと感じ取れる場所だ。昔旅仲間に遠野を紹介したらすっかりハマってしまったが、その友達曰く「遠野は見る場所ではなく感じる場所だ。」という名言を残している。

a0004070_19490661.jpg
◆駅の近く、大工町の路地裏で

 僕の記憶が定かならこの遠野駅自体も宿泊施設を兼ね備えていたと思う。この一見「そこは何が名物なの、そこに行くと何が見られるの。」と疑問を感じてしまう場所は先述の通り「感じる場所」であって、名だたる名所はほとんど感じる場所といってもいい。見る場所は博物館程度だろうか、あとは千葉家というこの地方独特の曲り家くらいだ。

 簡単に書くが遠野はかつて民俗学者の柳田国男がこの地jに伝わる言い伝えや昔話、民俗、風習などを一冊にした「遠野物語」という本で有名だ。この遠野物語こそが僕の最高の愛読書でいつでも持ち歩いていた時もある。今はiBooksでいつでも読めるようにしてある。このブログでも時々引用するくらい大好きな本で、これまでに50回以上は読んでいる。読むたびに新たな発見がどこかにあり、そのたびにこの地方のみならずはるか一世紀も昔の日本の生活や風習に思いを馳せることができる。とまあそんな本の舞台ともなった場所だ。初めから見る場所ではなく感じる場所というのはそのためである。

 とはいえ自分一人ではなく、遠野は初めてというママを連れて来たこともあってできるだけ見てもわかりやすい場所を選んで限られた時間で遠野を楽しもうと考えていた。まずは駅の周辺をお散歩。ところがその途中で雨が降り始めて来た。この日は一気に家へ戻るつもりでいたので遠野に居られるのは午前中だけだ。

a0004070_19490788.jpg
◆ちょうどこの時期桜が咲いていた
a0004070_19490812.jpg
 宿をチェックアウトするとまずは伝承園へ、この伝承園は遠野地方の民家などの展示から語り部のお話まで遠野の暮らしの基礎をその目で見ることができる。そして何と言ってもここの「ひっつみ」は美味しい。

a0004070_21221203.jpg
a0004070_21221344.jpg
◆伝承園にて

 園内はわんこ連れOK。ただし展示されている建物の中には入れない。しかしながらそれを差し引いてもわんこと一緒に楽しめると思う。

a0004070_21251320.jpg
◆カッパをバックに
a0004070_21251438.jpg
◆ラーレはVIP待遇

 伝承園は入園料を払うとその日1日は何度でも入退場ができるので外に出て近くにあるカッパ淵まで歩いて行くことに。伝承園の前の道路を横切りまっすぐ歩いて行くと常堅時というお寺があり、その裏手にカッパ淵がある。そこまでの間は畑なのだがただの畑ではなくビールの原料になるホップの畑がある。

 また常堅寺にはカッパの言い伝えがあり、横にある淵から失火の際にカッパが現れて頭の皿の水で鎮火をしたことからこの寺の狛犬の頭には皿がある。

a0004070_21251593.jpg
◆常堅寺
 
a0004070_21251645.jpg
◆カッパ淵

 本当だったらのんびりしていきたいところなのだが、時間がないということもあり再び伝承園へ戻り、ちょっと早いが食堂が11時から始まるのでひっつみを食べて次の目的地へ向かった。

 次に行ったところは「遠野物語」からはちょっと離れてしまうが、地元では「トオヌップ展望台」と呼ばれている高清水山展望台へ、狭い山道を迷いながらも延々と走ると高台の牧場に出て、その牧場の端にその展望台はある。ここは昼間も眺めが良いのだが夜景が素晴らしく、眼下に見える夜景は白馬の姿をしている。

a0004070_21480770.jpg
◆トオヌップ展望台から

 ほんのわずかな時間だったが遠野の風景を眺め、麓に降りてコンビニで簡単に食事をすると意を決して出発した。時間は2時近かった。とにかくこれから陸前高田まで出てそこから三陸海岸沿いに南下をし、石巻からは高速に入ってその日のうちでなくてもいいので家に帰らなければならなかった。遠野はあまりに慌ただしすぎてとても感じるということはできなかった。またいずれかのチャンスがあった時にゆっくり感じて楽しみたいと思う■


by fibich | 2017-06-27 21:56 | わんこといっしょ | Comments(0)