PC受難

a0004070_21522736.jpg

【2017年6月8日(木曜日)】

 このブログをはじめ、写真管理から仕事まで全て僕のPC「エルマ(2011年型Let’s Note/Windows10)」で行なっている。このPCのSSDの容量が残り少なくなって来たので溜まりに溜まっている写真データをブルーレイに焼いて保存する作業をしていた。ブルーレイは外付けのドライブを繋げていたのだが、その状態でWindowsが更新をし、それからというもののまるで廃人のようになってしまった。

 リカバリをかければ一番楽だが、そうするとこれまで使って来たアプリなども消えてしまいそれだけは避けたかった。しかし回復をかけても何をやってもうまくいかず(これまでの経験上うまくいった試しなどない。)またかと呆れながらもなんとかならないかあれこれ試してみた。

 しかしどうにもならない上にPCがないと仕事でも非常に困ることもあって散々考えた上でこれまで一度として手を出したことのないMacを選んだ。理由は多々あるがWindowsPCを使っていると常に仕事をしているような感覚を覚えること、どんなPCを選べばいいのか調べるのが最早面倒くさかったことなどあれこれとある。以前ならPCいじりは遊びの領域だったが今はPCトラブルで受けるストレスがとにかく我慢ならない。修復作業なんて本当に時間の無駄でしかない。とは言っても最大のきっかけはディスプレイだったかな。画面が圧倒的にキレイである。

 自分のなかではMac=遊びのPCまたはデザイナーなどのプロが使うPCというイメージが強かったのでそれじゃあこれからは遊びながら仕事させてもらうぜと考えをガラッと変えることにし、思い切ってカスタマイズもして注文した(もちろん教職員割引)

 しかしながらカスタマイズなどするから納期も遅くなり、それまでにどうしてもPCが必要となって再び復旧作業に取り掛かることになった。

 「エルマ」は現在SSDを搭載しているが、それはおよそ1年前に換装したもので、それ以前には2TBのHDDが入っていた。試しに換装してみると正常に動作したのでこのHDDのCドライブをそっくりそのままSSDに移植することにした。まずはSSDのCドライブを削除し、新たにパーティションを作った上でドライブコピーをする。理屈の上ではこれで何とかなる。紆余曲折はあったものの無事にCドライブ移植は完了し1年前の状態だが元のWindowsが立ち上がった。

 こうしてPCの復旧作業は結局できたら避けたかったパーティションの消去や移植という手段でなんとか終了したが、そこに新しくOneDriveをインストールすると勝手にクラウドにあるデータのダウンロードを始めた。しかもそれが運悪く職場でのことでその作業に気づいていなかったので気付いた時にはダウンロードも終了しテザリングをしていた僕のiPadの通信上限ギリギリまで使い果たしていた。ダウンロードするなら一言断ってからにしてもらいたい。

 さらに家に帰って来てからは勝手にプログラム更新をしてくれて、設定の一部が初期化されてしまう憂き目に遭う落とし穴付きだった。せっかく復旧させてもロクでもないことばかりして本当に今回ばかりはWindowsには愛想が尽きた思いだ。

 復旧したエルマは現在まともに動作するのでこれは職場作業用に回し、今回やって来たMac(名前は「ラーレ」)をメインマシンとして使うことにした。

 とは言ってもこれまでMacにはほとんど触ったこともなく、どこをどうすればどう動くのかしばらくの間は実際に使って慣れるよりほかない。今まさにこの段階である。

 やって来た当日は全く思うように動かず、翌日はSSDをパーティションで仕切ってデータ格納のドライブを設けたところで終了。その翌日ウィルスバスターがなんとかインストールでき、体験版Photoshop Elementもインストールできた。今日ようやく職場に持って言ってExcelでの作業をした(ほとんどWindowsとは互換性がないらしいが、出来上がった文書をPDFにすれば特に問題なく使える)。このブログ記事もMacで書いている。

 この後はiPhoneに接続してバックアップをとったり、音楽を転送したりできればいいかなと思っている。ひと頃よりもPCを使ってああだこうだとしなくなって来た。それもよく考えればWindowsがつまらなく感じていたからなのかも知れない。そうでなければ何をやっても必ずトラブルが起こるところに辟易としていたところがきっとあったに違いない■


by fibich | 2017-06-08 23:50 | 日常の話 | Comments(0)