エルバン

 このところ安い万年筆が人気だという話をどこかで聞いたことがある。廉価万年筆とも呼ばれるジャンル、昔もセーラーから出ていて百均でも買えるものがあった。最近だとパイロットのペチット、そして今同じパイロットからカクノという千円万年筆が発売されている。

 昔から女性には理解できない大人の男の三大コレクションってのがあってナイフとライターと筆記具だという。これらにハマると一生抜け出すことができない奥の深い趣味だ。

 今回はこの筆記具の話、最近パソコンだのスマホでばかりものを書いている世の男性で万年筆に興味を持つ者も減ったのではないかとも思われる。しかし万年筆愛好家はこうした廉価万年筆を通して全く異なる世代で流行りだしている。なんとペリカンまでが子供用だがかなり評価の高い廉価万年筆を売り出しているのだ。こうなるときっと近いうちにモンブランやウォーターマンも子供用廉価万年筆を作り出すに違いないと都合の良い事を期待し始めている。

 ここまで書くと今日の話は万年筆だろうと誰もが思うのだがそうではない。

 ご多分に漏れず僕もこれまでウォーターマン、ペリカン、セーラーといくつも万年筆を愛用しており、今現在はラミーを愛用している。万年筆のカートリッジさえ交換すれば使い続けられるところに魅力を感じるのだが、つい先日万年筆のようにインクカートリッジを交換して使うボールペンなるものを発見。しかもカートリッジは万年筆用のインクである。

 それはフランスのエルバンというメーカーのボールペンで、その時はよほど買おうかなとも思ったがぐっと買いたくなる衝動を抑えで店を立ち去った(と言うよりは愛用ラミーのカートリッジを買って帰った)。しかしその後も気になってインターネットなどで調べてみる。

 エルバンというメーカーは18世紀の創業という筆記具メーカーの老舗中の老舗。封書を封印するシーリングワックスや羽根ペンなどのメーカーで現在でも羽根ペンやガラスペンなどと言った所謂「つけペン」を作り続けている。もうこれだけでもクラクラする。当然インクも昔から作り続けていて、ナポレオンもこのメーカーに指定色のインクを作らせていたらしい。

 老舗の新製品、しかも画期的なアイデアとなれば別に筆記具マニアでなくても試してみたくなるのが心情。さらに最近になって廉価万年筆まで製造を始めたと言うのだからもうここでノックアウトだ。愛用ラミーももちろん可愛いが、ここはひとつ老舗の新製品を試してみたくなった。

 そうと決まればフットワークも軽快になる。最初にエルバンを見かけたお店に早速行ってみるも、すでにお目当ての品は売り切れ。首都圏でエルバンを取り扱う店をネットで探し数件当たってみたがどこも品切れでなかった。代わりに羽根ペンやシーリングワックスなどを見ることができたがそれこそ持っていても仕方ないのでひたすら探し続け、やっと探し当てて手に入れることができた。

a0004070_23220371.jpg
a0004070_23223254.jpg
◆エルバン万年筆(上)スケルトンボールペン(中)ボールペン(下)とインクカートリッジ

 こうしてやっと手に入れたエルバンのペンを目の前にしてああ自分にもたまには物慾が戻ってきたと複雑な気持ちでいる。あまり頻繁には戻って来て欲しくはないが、物欲に乏しい日々は味気ないものでもある。

 このペンは明日から職場でのヘビーデューティについてもらうことにする。特にスケルトンのボールペンは赤いカートリッジを装填したので採点専用で時として一日かそこらでボールペン丸々一本消費してしまう激務に臨んでもらうこととなるだろう。

 老舗の新製品だからと言って人に見せびらかすつもりもない。さりげなく使って気づいた人だけが気づけばそれでいい。筆記具なんてものは人に見せるためのものではなく、物を書くための道具なのだから■



 

by fibich | 2014-11-18 23:34 | 日常の話 | Comments(2)
Commented at 2015-01-07 11:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fibich at 2015-01-15 21:56
恵ママさん
面白い話をありがとうございました。今では考えられないような先生って必ずいましたね。そういう先生の方が思い出に残るし、教わったことも忘れないような気がします。
それに較べると今の自分の仕事は本当に当たり障りのないように気を配るばかりで、本当に教えるという仕事をしているのやらどうやら。そんな感じです。

万年筆は高いものはべらぼうに高いですが、だいたいはペン先の材質によって決まります。そして持ち主の利き腕に合わせてだんだんと書きやすさが出てくるものです。左利きの人が使っていた万年筆は右利きの人にとっては引っかかりも感じるみたいです。

持ち主に合わせて変わっていく、だから万年筆は楽しいのかも知れません。それには日頃から字を書く習慣がないとつまらないですね。